×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

働く大人の旨メシ地帯「西新宿」に実力派が続々!「新宿西側といえば高層ビルばかり」というイメージがありますが、ビルの足元は、界隈で働くサラリーマンの胃袋を支えるグルメ激戦区。その中でも今回、私グルメライター林匠子が集中調査をしたのは新宿駅の西口!

icon-gallery

てけてけ 新宿総本店

▲焼き鶏盛り合わせ(5本) 430円

都内を中心に、約50店舗を展開する鶏料理居酒屋の『てけてけ』。名物は鶏舎から直接仕入れる群馬県産「はるなうめそだち」を使った大ぶりの焼き鳥。「ド根性串(モモと胸)」や「ぼんじり」など、すべて1本85円という格安値段は感涙ものだ。ほかにも「鉄板鶏餃子」(519円)や「チキン南蛮」(454円)などボリューミーな一品が目白押し。

[住所]東京都新宿区西新宿7-10-5 イビス東京新宿1~2階 [TEL]03-6304-0923 [営業時間]11時半~14時、17時~24時、日・祝17時~23時 [休]無休

下克上酒場 西新宿店

▲ホタテ貝焼(タレ) 646円
牡蠣殻焼(タレ) 430円

『下克上酒場』は恵比寿横丁などを手掛けた「浜倉的商店製作所」がプロデュースしている。メニューの守備範囲が驚くほど広く、産地直送の鮮魚、カニ、牡蠣、とらふぐといった魚介から、北海道産大沼牛や霧島鶏などの肉系までずらり。全国の地酒やご当地サワーなど酒類も充実している。24時間営業で使い勝手がよく、明るく清潔な店内も◎。

[住所]東京都新宿区西新宿7-11-15 サンフル西新宿1階 [TEL]03-5332-5995 [営業時間]24時間営業 [休]無休

博多とりかわ 長政 西新宿店

▲名物とりかわ5本セット 1004円

「とりかわ」とは博多地方の名物焼き鳥。『博多とりかわ 長政』のとりかわは、脂肪の少ない首の皮だけを使い、3日間かけて7回繰り返し焼くことで旨みを凝縮。カリッとした食感と独特の香ばしさがヤミツキになる。2011年に人形町に1号店を開き、西新宿店は5店舗目。「ささみのシギ焼き」(270円)や「博多焼き豚足」(464円)も評判。

[住所]東京都新宿区西新宿7-9-15 [TEL]03-6908-9113 [営業時間]17時~24時、土17時~22時半 [休]日・祝

俺の魚を食ってみろ!! 西新宿店

▲元祖玉手箱(1人前) 1058円
※写真は2人前

『俺の魚を食ってみろ!!』の名物は高級鮮魚7点を盛り合わせた「元祖玉手箱」。この日は本マグロ、中トロ、紫ウニ、ボタンエビ、朝締めのカンパチなど。
どの刺身もすこぶる新鮮で、スタッフの「ほぼ赤字です」との言葉に納得の内容だった。卓上でバナーを使って炙る「炙り〆鯖」もおすすめ。予約をして訪れたい。

[住所]東京都新宿区西新宿7-10-14 富士山ビル1階 [TEL]03-6908-7481 [営業時間]17時~23時(土・日・祝16時~)※刺身がなくなり次第、早仕舞いのことも [休]無休(連休の場合は最終日が休み)

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

admin-gurume
admin-gurume

admin-gurume

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…