SNSで最新情報をチェック

もうみんな忘れかけているかもしれないが、今年の夏は異常気象で、尋常じゃない暑さだった。そしてこの夏、気温以外で、吉祥寺で熱かったものがある。それはカレーパンである。もはや「カレーパンや、夢の跡……」という感じで初秋になったけど。そこで冷静になったおっさん女子が、吉祥寺のカレーパンについて独断で語ってみようと思う。

なぜか吉祥寺のカレーパンが激熱だよ、の件

もうみんな忘れかけているかもしれないが、今年の夏は異常気象で、尋常じゃない暑さだった。 そしてこの夏、気温以外で、吉祥寺で熱かったものがある。 それはカレーパンである。もはや「カレーパンや、夢の跡……」という感じで初秋になったけど。 そこで冷静になったおっさん女子が、吉祥寺のカレーパンについて独断で語ってみようと思う。 っていうか、いつも独断だよ! ごめんね!

吉祥寺のカレーパンが、今年激熱だったのは、駅ビルのカレーパン抗争のせいである。 アトレ吉祥寺の『A』VS.キラリナの『L』の一騎打ちである。 アトレの『A』は、おっさん女子が大好きな、“やりすぎなパン屋”である(連載39回参照)。 一方キラリナの『L』は、子どもが喜びそうな、はな子パンがイチオシね(連載45回参照)。 この2店舗が、この夏、ものすごいカレーパン押しだったのである。

イラスト/スタジヲワンツー

まず先制したのは『L』であった。 そもそも「洋食屋のカレーパン」という小ぶりで奥ゆかしいルックスの人気カレーパンと、「吉祥寺カレーパン」というチーズが入っているカレーパンが定番なのよ。 しかし、6月のカレーパンフェア第1弾から、断続的に夏の間、カレーパンの新作&限定を出しまくっていたのである。 「鹿児島黒豚とゆで卵の具沢山カレーパン」「ウインナーチーズカレーパン」「北海道じゃがいものカレーコロッケコッペ」。 雰囲気的にカレーパンっていうか、カレー押しだな。 さらに、第2弾7月は「三元豚カツカレーパン」「スパイシーカレーパン」である。 スパイシーカレーパンが美味しかったよ。 第3弾は8月で「ザクザク!!カレーパン」「チーズキーマカレーパン」「ゆでたまカレー」だ。もう定番とあいまって、売り場は超カレー過多! 夏の間、カレーパンが常時5~6種類店頭にあるという、なかなかのインパクトであったよ……。 やりすぎだろ!  しかしやりすぎは、『A』の専売特許(おっさん女子的独断です)。

そして、本家やりすぎパン屋の『A』も、7月についに立ち上がった。 いやその前に5月に「フライ・ド・麻婆豆腐」という、ざっくりいうと中身が麻婆豆腐という揚げパンをリリースしていたのである。 お味のほうも、かなりやりすぎ感あるパンであった。 ちなみに『A』は「あっぱれカレー」が不動のレギュラーなのよ。 そもそも、これはデカイんだよ、吉祥寺のどこの店のカレーパンより、デカイよ、あっぱれカレー……!  それで、野菜&卵の具沢山。 食べた感ハンパない。 あと、翌日食べても美味しいの。 脂っぽくならないんだよ。 その『A』が本格的にカレーパンに着手したのは7月。 2週間に1回、限定の新作を出し、人気№1をレギュラーに昇格させる(かも)というフレコミ。 「ツナカレー(中辛)」「ポークカレー(甘口)」「大人のキーマカレー(辛口)」という順番でリリース。 素材、甘さ、テイストなどは、かなり計算されている印象だったよ。 そして8月末に「大人のキーマカレー」がカレーパン売り上げ№1を獲得。 しかも限定カレーパンと「あっぱれカレー」を2個セットで売っていた、商売上手な『A』……(笑)。 もちろん私はセットで購入です……。

とにかく私は、夏の間カレーパンを食べまくった……。 その結論だけど、『A』は定番の「あっぱれカレー」が美味しいよ……。 残念だが、限定新作は、あっぱれを超えてなかった……。 『L』のほうは「ざくざく!! カレーパン」が外側が超カリカリで、具はスタンダードで美味しかった。 これが定番になるといいなぁ、と思ったおっさん女子。 両店ともカレーパンらしいカレーパンの勝利っていう感じ(苦笑)。 あんまりひねりは必要ありませんでしたね……。 しかし、『A』と『L』のカレーパン抗争(を食べまくる日々)に疲れた私。 実はアトレ吉祥寺の2Fにある『L』という、店舗小さめのオシャレパン屋の定番「ひよこまめのカレーパン」で箸休めをしていたのである(苦笑)。 パン生地自体に甘みがあって、中身のひよこまめのカレーも癒し系。 さらに、ひよこまめを薄くスライスして、生地の外側にまぶして揚げているので、サクサクの食感もいいのよ、これが。 ほかのパン屋にはないテイストのカレーパンで、おすすめです。 名前もかわいいいし、女子ウケカレーパンだよね(笑)。 結論そこかよ!っていう感じで、すみません……。

天野七月/あまのななつき ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...