MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
おっさん女子の吉祥寺パトロール(39) 気がついたら、吉祥寺がコッペパン激戦区になっていた件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(39) 気がついたら、吉祥寺がコッペパン激戦区になっていた件

白いご飯大好き人間なので、パンをあまり食べない人生なんですが、そんなおっさん女子も食べてみましたコッペパン。なぜなら気がついたら吉祥寺がコッペパン激戦区になっていたからである……。油断できませんよ、吉祥寺。

perm_media 《画像ギャラリー》おっさん女子の吉祥寺パトロール(39) 気がついたら、吉祥寺がコッペパン激戦区になっていた件の画像をチェック! navigate_next

気がついたら、吉祥寺がコッペパン激戦区になっていた件


私は白いご飯大好き人間なので(連載13回参照)、パンをあまり食べない人生なんですが、そんなおっさん女子も食べてみましたコッペパン。

なぜなら、気がついたら吉祥寺がコッペパン激戦区になっていたからである……。

油断できませんよ、吉祥寺。


そもそも、2017年9月に『パンのT』ができたのがターニングポイント。

吉祥寺の『パンのT』はドトール併設で、飲み物と一緒に購入可能でイートインできるんですよ(ドトールのフードメニューはありません)。

しかも、イートインスペースが学校テイストの内装なんですよ。

まあ、コッペパンといえば給食なのかもしれません……。

そして2018年2月に入って、なんと公園口方面に『吉祥寺C』というコッペパン専門店ができたのであった。

うーむ、しかもコッペパンの定番ラインナップが、両店でけっこうかぶってますけどねぇ。


イラスト/スタジヲワンツー

何をはさんでも受け止める、黒ツヤのパンが『パンのT』の醍醐味!


『パンのT』は、コッペパン自体がどっしり&表面黒ツヤっていう感じですが、非常に計算されたコッペパンだと思います。

中に何をはさんでもしっかりと受け止めて、食べている途中のパン崩壊&中身落下のストレスが少ない。

すごく優等生的だよなー、と思うおっさん女子。

しかも、おやつ系、おかず系のどっちもすべてのメニューが75点くらいはたたき出している、合格点の仕上がりっていう感じ。

コッペパンは約30種類のラインナップね。

ちなみにおっさん女子的には『厚切りハムカツ』(350円税込)のマヨネーズ味がいい感じ&マスタードが効いてて美味しい。

おやつ系は、そもそもチョコレートが好きなので『生チョコクリームチョコチップ』(240円税込)押し! 

3種盛りもある! 白くてふわもち。ソフト系のパンが魅力の『吉祥寺C』


一方、『吉祥寺C』のラインナップは約24種類。

パン自体はソフト系で、『パンのT』と比べてやや大きめ、白くてふわもちテイスト。

ハムカツ、焼きそば、ピーナッツクリームなどの定番はそろっていますが、おっさん女子的には『お子様ランチ』(480円税込)をあえて押す。

ちなみに、お店で一番高いコッペパンはコレだ。

中身はなんと、たまご+ハンバーグ+ナポリタンの3種盛りなんである。

正直、やりすぎだと思う(苦笑)。

しかも、オーダーすると、スタッフさんは中身の配置&調味料などの手順を間違わないように、超慎重に作ってくれます。

実は、作る方も大変だよ……。

そして、食べているうちに、手だけでなく、顔にもケチャップがついたりします……。

雑な女子(私です)は気をつけろ! 

食べているうちにパン&中身が崩壊してくるぞ! 

やりすぎだからね、致し方ありません。


実はこの店は、地元ではおなじみのパン屋『A』の新形態店舗である。

この『A』ですが、おっさん女子的には“やりすぎ感が好き”というパン屋である。

ちなみに、パンの半分以上がチーズという『やりすぎチーズ』という名物パンがあるんですよ。

だから、やりすぎ上等! 

やりすぎてナンボ! 

過剰万歳! 

という気持ちでコッペパンも押してみた。

ちなみに『照り焼きチキン&たまご』、『宇治抹茶あんこ』あたりも、やりすぎ感にあふれています。

コッペパン激戦区にプチサイズのパンを採用した伏兵『Bパン』が参戦!


そして実は、コッペパン激戦区の意外な伏兵は、コッペパン専門店じゃないけど、地元ではメロンパンの人気店としておなじみの『Bパン』。

実は、中野にコッペパン専門店を出しているので、吉祥寺のお店にもコッペパンメニューが常に5~6種類あるんですよ。

焼きそば、あげきなこ、あんマーガリン、粒ピーナッツ、コンビーフポテトなどなど。

ちなみに、コロッケコッペパンはプチサイズで、ちょうどいい食べ応え感だよ。

コッペパン自体は『パンのT』と『吉祥寺C』のちょうど中間っていう感じ。

まあ、パンもラインナップも、いいとこ取り感が漂っております。

おっさん女子は、ここの『粒ピーナッツ』がお気に入りだ。


どうでしょう? 

吉祥寺のコッペパン。

おっさん女子的には『吉祥寺C』がイチオシだ! 

と思ったところで、セブンイレブンに行ったら、なんとコッペパンのラインナップが新発売してるじゃん。


激戦区っていうか、カオスになってきましたね、コッペパン。








天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
天野七月@おとなの週末

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル