SNSで最新情報をチェック

白いご飯大好き人間なので、パンをあまり食べない人生なんですが、そんなおっさん女子も食べてみましたコッペパン。なぜなら気がついたら吉祥寺がコッペパン激戦区になっていたからである……。油断できませんよ、吉祥寺。

画像ギャラリー

気がついたら、吉祥寺がコッペパン激戦区になっていた件

私は白いご飯大好き人間なので(連載13回参照)、パンをあまり食べない人生なんですが、そんなおっさん女子も食べてみましたコッペパン。
なぜなら、気がついたら吉祥寺がコッペパン激戦区になっていたからである……。
油断できませんよ、吉祥寺。
そもそも、2017年9月に『パンのT』ができたのがターニングポイント。
吉祥寺の『パンのT』はドトール併設で、飲み物と一緒に購入可能でイートインできるんですよ(ドトールのフードメニューはありません)。
しかも、イートインスペースが学校テイストの内装なんですよ。
まあ、コッペパンといえば給食なのかもしれません……。
そして2018年2月に入って、なんと公園口方面に『吉祥寺C』というコッペパン専門店ができたのであった。
うーむ、しかもコッペパンの定番ラインナップが、両店でけっこうかぶってますけどねぇ。

イラスト/スタジヲワンツー

何をはさんでも受け止める、黒ツヤのパンが『パンのT』の醍醐味!

『パンのT』は、コッペパン自体がどっしり&表面黒ツヤっていう感じですが、非常に計算されたコッペパンだと思います。
中に何をはさんでもしっかりと受け止めて、食べている途中のパン崩壊&中身落下のストレスが少ない。
すごく優等生的だよなー、と思うおっさん女子。
しかも、おやつ系、おかず系のどっちもすべてのメニューが75点くらいはたたき出している、合格点の仕上がりっていう感じ。
コッペパンは約30種類のラインナップね。
ちなみにおっさん女子的には『厚切りハムカツ』(350円税込)のマヨネーズ味がいい感じ&マスタードが効いてて美味しい。
おやつ系は、そもそもチョコレートが好きなので『生チョコクリームチョコチップ』(240円税込)押し!

3種盛りもある! 白くてふわもち。ソフト系のパンが魅力の『吉祥寺C』

一方、『吉祥寺C』のラインナップは約24種類。
パン自体はソフト系で、『パンのT』と比べてやや大きめ、白くてふわもちテイスト。
ハムカツ、焼きそば、ピーナッツクリームなどの定番はそろっていますが、おっさん女子的には『お子様ランチ』(480円税込)をあえて押す。
ちなみに、お店で一番高いコッペパンはコレだ。
中身はなんと、たまご+ハンバーグ+ナポリタンの3種盛りなんである。
正直、やりすぎだと思う(苦笑)。
しかも、オーダーすると、スタッフさんは中身の配置&調味料などの手順を間違わないように、超慎重に作ってくれます。
実は、作る方も大変だよ……。
そして、食べているうちに、手だけでなく、顔にもケチャップがついたりします……。
雑な女子(私です)は気をつけろ!
食べているうちにパン&中身が崩壊してくるぞ!
やりすぎだからね、致し方ありません。
実はこの店は、地元ではおなじみのパン屋『A』の新形態店舗である。
この『A』ですが、おっさん女子的には“やりすぎ感が好き”というパン屋である。
ちなみに、パンの半分以上がチーズという『やりすぎチーズ』という名物パンがあるんですよ。
だから、やりすぎ上等!
やりすぎてナンボ!
過剰万歳!
という気持ちでコッペパンも押してみた。
ちなみに『照り焼きチキン&たまご』、『宇治抹茶あんこ』あたりも、やりすぎ感にあふれています。

コッペパン激戦区にプチサイズのパンを採用した伏兵『Bパン』が参戦!

そして実は、コッペパン激戦区の意外な伏兵は、コッペパン専門店じゃないけど、地元ではメロンパンの人気店としておなじみの『Bパン』。
実は、中野にコッペパン専門店を出しているので、吉祥寺のお店にもコッペパンメニューが常に5~6種類あるんですよ。
焼きそば、あげきなこ、あんマーガリン、粒ピーナッツ、コンビーフポテトなどなど。
ちなみに、コロッケコッペパンはプチサイズで、ちょうどいい食べ応え感だよ。
コッペパン自体は『パンのT』と『吉祥寺C』のちょうど中間っていう感じ。
まあ、パンもラインナップも、いいとこ取り感が漂っております。
おっさん女子は、ここの『粒ピーナッツ』がお気に入りだ。
どうでしょう?
吉祥寺のコッペパン。
おっさん女子的には『吉祥寺C』がイチオシだ!
と思ったところで、セブンイレブンに行ったら、なんとコッペパンのラインナップが新発売してるじゃん。
激戦区っていうか、カオスになってきましたね、コッペパン。

天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

湯気の向こうに笑顔が浮かぶ ブーム到来!焼売 今号の大特集は「焼売」でございます。餃子じゃなくて!?...