MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
鴨蕎麦 尖(鴨蕎麦/自由が丘)|鴨せいろ一本で勝負。渾身の鴨蕎麦!

鴨蕎麦 尖(鴨蕎麦/自由が丘)|鴨せいろ一本で勝負。渾身の鴨蕎麦!

行列必至!飽くなき研究で完成させた渾身の鴨蕎麦!鴨せいろ一本で勝負。そんな気鋭の鴨蕎麦専門店が自由が丘にオープンし、週末は行列必至の人気を集めている。

perm_media 《画像ギャラリー》鴨蕎麦 尖(鴨蕎麦/自由が丘)|鴨せいろ一本で勝負。渾身の鴨蕎麦!の画像をチェック! navigate_next

鴨蕎麦 尖|とつ(最寄駅:自由が丘駅)

こだわり抜いた鴨蕎麦専門店として頑張ります

多くの客が口を揃えるその最大の特徴は「味わったことがないような鴨汁の濃厚さ」。なるほどドロリとしたつけ汁はデミグラスソースのようなコク。鴨で取ったダシに宗田節、鯖節、ハマグリ、煮干しなど複雑に織り成す和の旨みを加え、4種の醤油で統一感のある絶妙な味にまとめている。 合わせる蕎麦は随時産地を変える2種。玄蕎麦と丸抜きを石臼挽きで自家製粉し、玄蕎麦は二八、丸抜きは九一、どちらも極細で打つ。最初はそのまま塩とわさびで、その後に鴨汁につけて手繰れば、鴨の奥深さと蕎麦の香りが相まって想像を超える旨さ。別盛りの鴨肉3種も絶品だ。

鴨蕎麦(玄蕎麦・丸抜きのそば2種、鴨汁、ロースト鴨肉)
1550円

蕎麦は産地違いの2種。別盛りの鴨肉は燻製など3種。〆は釜の湯で蕎麦粉を溶いたポタージュのような蕎麦湯に鴨汁を入れていただく

鴨汁は蕎麦に絡み付くほど濃厚なとろみ。鴨を一羽丸ごと仕入れ、ガラなどで取ったダシに宗田節、鯖節、昆布などの和ダシと野菜のダシを加えて醤油で味を調える。鴨団子も入る

尖刺し
時価(要予約・1650円~、写真は1650円)

夜のみの提供で要予約。平たい蕎麦の上に、キャビアやトリュフなど高級食材をひと手間かけたダシの餡と一緒にトッピング

[その他のメニュー] 基本的に鴨蕎麦のみ 一品料理メニューは仕入れで変わる

鴨蕎麦 尖

東京都目黒区緑が丘2-25-17 T‐oneビル104 ☎03-6421-4832 [営業時間]11時半~蕎麦が無くなり次第終了、18時~原則22時(蕎麦が無くなり次第終了)※ランチタイム有 [休日]月 [席]カウンター6席、計6席/全席禁煙/予約可(夜は要予約、土・日・祝は不可)/カード不可/サなし [交通アクセス]東急東横線ほか自由が丘駅北口から徒歩4分

電話番号 03-6421-4832
2017年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
飲食店激戦区・恵比寿の地で24年続く実力店。店主は『一茶庵』出身で、茨城県産の常陸秋そばを中心にした手打ち蕎麦を供する。
夏の蕎麦といえば、せいろを思い浮かべる人が多いハズ。でも、それだけではありません。冷たいおツユの冷やかけ、もり汁や蕎麦切りにひと工夫した変わり種まで。夏を感じる一杯をお届けします。
「物を大切にすると命が宿る。きれいな家には穏やかな人が育ち、家が恩返しをしてくれる」。店主の宮下厚志さんは、この言い伝えが好きだという。
最初にかけ汁を口に含んだ時、もしかしたら「おや?」と思うかもしれない。一般的なつゆに比べると、ほんの少しだけ、かえしの風味が淡い薄口仕立て。
蕎麦屋を営んでいた父の背中を見て育ち、「物心がついた頃から蕎麦職人になりたかった」と話す店主の早川さん。大事にするのは、香り、旨み、甘み、色味など全体のバランスだ。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル