SNSで最新情報をチェック

色や型も様々な豆皿に盛りつけられた美しい料理に思わずため息がもれてしまう。元はアンティーク食器のショップだったフロアに、オーナーの丸亀さんが今年6月に開いたワインと日本酒の店だ。

画像ギャラリー

ニカイのmarugame(最寄駅:飯田橋駅)

伝統食器に盛った繊細な肴の数々を舌と目で味わう

お通しとして供されるのが、丸亀さんが手作りする冒頭の豆皿料理。この日は牛肉の黒ビール煮、自家製のブリのからすみ、パプリカの酢漬けをのせたオイルサーディン、パテ・ド・カンパーニュ、セロリの煮浸しなど、酒が進む11品をほんの少量ずつ。これらを肴に、まずはワインからはじめて日本酒に切り替え、ウィスキーやマールで締める、なんて楽しみ方もいい。前日までに予約すれば冷菜や温菜、チーズやご飯ものも付く写真のコース料理も堪能できる。目で器を、舌で料理を味わいながら酒盃を傾ける、そんな贅沢な時間がゆるりと流れていく。

豆皿コース

4860円

この日の温菜は鮎の竜田揚げ牡蠣バター添えで、冷菜はフォアグラポン酢と柚子胡椒味噌で食す鯛の刺身、しじみと冬瓜のスープの2種。コースには自家製レーズンバターや3種のチーズ、ご飯ものも付く


お店からの一言

オーナー 丸亀知美さん

「アンティークの器も販売していますよ」

ニカイのmarugameの店舗情報

[住所]東京都新宿区若宮町16 2階 [TEL]03-6280-7790 [営業時間]15時~22時半(21時半LO) [休日]水(他に不定休あり) [席]全8席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩3分

電話番号 03-6280-7790

2018年9月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...