SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

老酒舗(最寄駅:御徒町駅)

北京のレトロ酒場で水餃子をツマミにちょいと一杯

神田の人気店『味坊』が手がけるこの店は、中国の昔ながらの酒場を再現したもの。北京でも古きよき酒場は今や絶滅危惧種とか。それが東京で体験できるのだからワクワクする。メニューは素朴な北京の家庭料理や酒場のツマミで、日本人がまだまだ知らない世界だ。人気の水餃子は3種類。豚肉と白菜の漬物、ニラとエビと卵など、現地らしい具の取り合わせも目新しい。自家製の皮は厚めでシコシコ。小ぶりなサイズでお酒を飲みながらつまむのにちょうどよい。餃子に合わせるのは、現地を気取って白酒か、はたまたスパイスを利かせたオリジナルのトマトハイか? グラスで注文できるナチュラルワインも捨てがたく、ああ、悩みは尽きない。

ニラと海老の水餃子、発酵白菜と豚肉の水餃子、白酒(100ml)

259円、259円、648円

やや小ぶりな水餃子は皮から自家製

大豆と青菜の漬物炒め

648円

漬物などの発酵食材を使った料理が多いのも特徴

発酵出汁の肉団子煮、羊香トマトハイ

1080円、756円

薄ピンクに色づいた発酵ダシの優しい味がクセになる煮込み。トマトハイと

お店からの一言

店主 梁 宝璋さん

「伝統的な北京の酒場の雰囲気を楽しんでください」

老酒舗の店舗情報

[住所]東京都台東区上野5-10-12 [TEL]03-6284-2694 [営業時間]7時~22時半LO ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]全70席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し代315円別 [交通アクセス]JR山手線ほか御徒町駅南口から徒歩3分

電話番号 03-6284-2694

撮影/貝塚 隆 文/岡本ジュン

2018年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…