SNSで最新情報をチェック

 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。

画像ギャラリー

スポットライト 水餃子&飲茶(最寄駅:茗荷谷駅)

母が家庭で作ってくれた水餃子の味を伝えたい

家庭の味という水餃子の餡は、豚肉、キャベツ、セロリに、味付けは塩コショウというシンプルさ。そのまま味わってもいいし、自家製ラー油を付けると香ばしさが加わり、コクもアップする。茹で汁は食べ進むうちに水餃子の肉汁が溶け込み、スープとして楽しめるのがまたいい。ノーマル、きのこ、トマトチーズのほか、季節の水餃子も登場する。

水餃子(ノーマル)

8個 680円

茶たまご、干豆腐のパクチー和え

120円、480円

弾力ある歯応えがクセになる干豆腐。茶たまごは、塩や醤油を入れたウーロン茶に約4時間漬け込んだもの

水餃子(トマトチーズ)、焼き餃子

8個680円、5個480円

餃子は餡によって包み方を変えている。トマトチーズはバジルやズッキーニがアクセント

お店からの一言

店主 揚原秋子さん

「本日のスムージーやお酢ドリンクも一緒にどうぞ」

スポットライト 水餃子&飲茶の店舗情報

[住所]東京都文京区小石川4-16-6 [TEL]070-4520-8360 [営業時間]10時~19時半(19時LO)※ランチタイム有 [休日]月 [席]カウンターあり 全13席/喫煙不可/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線茗荷谷駅3番出口から徒歩7分

電話番号 070-4520-8360

撮影/浅沼ノア 取材/井島加恵

2018年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...