SNSで最新情報をチェック

 豊かな海の幸に恵まれる富山湾。現地からほぼ毎日、新鮮な食材が届けられるこの店は新橋にある小さな富山と言っていいだろう。

画像ギャラリー

【閉店】酒肴旬菜おおあみ(最寄駅:新橋駅)

脂を蓄えた旬の寒ブリを味わうなら新橋の小さな富山で

春はホタルイカ、夏は岩牡蠣など四季折々の旬の味覚がメニューを彩る。冬はもちろんブリしゃぶだ。11月からは脂がのった富山産の天然寒ブリが登場し、予約殺到の季節到来。鯛ダシのスープでサッと揺らせば雪化粧をしたかように白く色づき、内に蓄えた芳醇な脂の甘みが口中に満ちあふれる。通年の鍋なら3~5種類の地元の旬の魚を盛り合わせた「富山湾の魚しゃぶ」も県民からお墨付きの味。

ぶりしゃぶ

1人前3200円(注文は2人前~・写真は2人前)

氷見うどん

300円

つるつるとのど越しがいい氷見うどん

バイ貝煮

1個 300円(仕入れで変わる)

 

バイ貝は見事な大きさで、むちっとした食感。肝も美味しいと人気だ。

サスの昆布締め

1200円

 

富山でサスと呼ばれるカジキマグロを昆布〆に。身が柔らかく味が濃厚

【閉店】酒肴旬菜おおあみの店舗情報

[住所]酒肴旬菜おおあみ東京都港区西新橋2-7-4 CJビル地下1階 [TEL]03-3591-9206 [営業時間]17時~23時(22時LO) [休日]土・日・祝 [席]半個室あり、全45席/分煙/予約可/カード可/サなし、お通し500円別 [交通アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩6分、都営三田線内幸町駅A3出口から徒歩3分

 

電話番号 03-3591-9206

 

撮影/鵜澤昭彦 取材/肥田木奈々

2018年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...