SNSで最新情報をチェック

もとは約70年続いた中華料理店。3代目が一念発起し、ラーメン専門店として2年前に再出発した。

画像ギャラリー

中華sobaいそべ(最寄駅:矢口渡駅)

端正な醤油味のスープに合う自家製麺のしなやかな喉越し

昔から使っていた自家製麺を見直し、名店「八雲」で新たに学んで中華そば1本で勝負。4種の醤油でキレのある深い味を完成させた「黒旨」と、白醤油のふくよかな甘みが特徴の「白旨」が味の基本だ。スープは大山どり、豚内モモ、カツオ節、サバ節、羅臼昆布など素材の折り重なる旨みが感じられる。エビと豚肉の2種の特製ワンタン入りがおすすめ。

黒旨特製ワンタン麺

1000円

白旨中華soba

700円

「白旨」に使う醤油は白醤油の1種。チャーシューは豚と鶏。ツルツルでパツンと歯切れの良い食感の麺がスープと相性抜群だ。柚子と糸唐辛子を添える

お店からの一言

店主 礒部亨さん

「小麦の風味豊かな味で、食感のいい麺になるよう研究しました」

中華sobaいそべの店舗情報

[住所]東京都大田区多摩川1-20-14 [TEL]03-3759-2568 [営業時間]11時半~14時半、18時~21時(月と金は昼のみ営業、スープが無くなり次第終了)※ランチタイム有 [休日]水 [席]カウンターのみ、全10席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]東急多摩川線矢口渡駅からすぐ

電話番号 03-3759-2568

撮影/瀧澤晃一 取材/肥田木奈々

2019年2月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...