SNSで最新情報をチェック

透き通った醤油スープに浮かぶまっすぐな麺の美しさに、誰もが目を奪われる。使われているのは、秋田県湯沢市の「佐藤養悦本舗」の干し中華麺。

画像ギャラリー

食堂 七彩(最寄駅:都立家政駅)

口の中につるり滑り込んでいく絹のような“干し中華麺”

伝統的な稲庭うどんの製法を活かして作られており、絹のような滑らかさとコシがある。鶏、豚と昆布やカツオ、サバ節、煮干しから丁寧にとったダシを引き立てるのは、埼玉県川越市の弓削多有機しょうゆ。いく重もの淡い旨みが干し麺へ染み込み、麺をつるりとすすると、口の中いっぱいにふくよかな香りが広がる。店では干し麺と自家製生麺の2種類があるので、麺でラーメンの表情がガラリと変わる様子を体感して欲しい。

稲庭中華そば(醤油)

820円

喜多方ラーメン(醤油)

820円

客の注文後に自家製の麺生地から一食分を切り出す。手で麺をギュッと揉むことで大きな波のような独特の縮れが完成し、スープがよく絡む

お店からの一言

店長 土屋雅貴さん

「いわゆる「乾麺」の感覚がガラリと変わる特別な麺です」

食堂 七彩の店舗情報

[住所]東京都中野区鷺宮3-1-12 [TEL]03-3330-9266 [営業時間]11時半~15時、18時~24時、土・日・祝 11時半~15時、18時~22時 ※スープ売り切れ次第で終了する場合あり ※ランチタイム有 [休日]火 [席]カウンター10席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]西武新宿線都立家政駅北口から徒歩3分

電話番号 03-3330-9266

撮影/大西尚明 取材/赤谷まりえ

2019年2月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...