SNSで最新情報をチェック

皿によそられ出てきたときの興奮度は半端ない。魚介と野菜の色あざやかなルックス。

画像ギャラリー

Ata(最寄駅:代官山駅)

港町ビストロのスペシャリテ 魚介のエキス染みわたる締めリゾットまで楽しむべし

ブワ~っと広がる生き生きした香り。食おうぜ~とテンションが上がること間違いなし。店主の掛川哲司さんがこちらを始めたときのコンセプトが「港町のビストロ」。そのスペシャリテがこのブイヤベースだ。

「誰でも名前は知ってるけれど、あまり食べたことのないもの。鮮度と手間が命の料理をキチッと出したかった」という。あくまで魚介の旨みにこだわって、新鮮なアラを大量に使用してエキスを取るというスープのコクがなんとも美味。自作のミックスハーブが心地よく利くが、実にクリアな美しい味でもある。ワイワイやりながら、締めのリゾットまで堪能すべし。

Ataのブイヤベース

3888円

とらふぐポトフ

4104円

煮込まれた野菜やベーコンにとらふぐの旨みも混じって、贅沢過ぎな美味しさ

牡丹えびときのこのソテー

1998円

 

6種のキノコとエビの旨みが一体化!

お店からの一言

 

シェフ 松野 敦さん

「親しい人とシェアしながら気取らずにお楽しみを」

Ataの店舗情報

[住所]東京都渋谷区猿楽町2-5 1階 [TEL]03-6809-0965 [営業時間]17時~翌2時 [休日]日 [席]カウンターあり、全24席/全席禁煙/カード可/予約可/サ・お通し代なし [交通アクセス]東急東横線代官山駅北口から徒歩7分

 

電話番号 03-6809-0965

 

撮影/鵜澤昭彦 取材/池田一郎

2019年3月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...