SNSで最新情報をチェック

神保町の路地裏で、午後3時の開店から続々とお客さんがやって来る。しかも皆さんお勤め人風だから、昼飲みとはいえ雰囲気はなごやか。

画像ギャラリー

Japanese SAKE STAND 85(最寄駅:神保町駅)

日本酒×発酵料理の“絶対に美味しい”組み合わせを楽しもう

店主・佐藤さんの笑顔と相まって、入って5分で「ずっと飲んでいたいなぁ」と思わせる魔力があるのだ。 店名の『85』は発酵と読み、その名の通り日本酒が主役。料理担当は佐藤さんの母上で、日本酒が進むししゃもの塩麹漬け焼きなど、塩麹や自家製甘酒を使った発酵料理が充実。大きなコの字カウンターは開放的で、見知らぬ同士でも会話が弾み、昼から気分は上々だ。

ししゃもの塩麹漬け焼き、85(発酵)モツ煮込み、自家製レモン塩麹酎ハイ

550円、650円、650円

お母さんの煮しめ、紀土 KID 純米酒

750円、500円

「煮しめ」には自家製甘酒を使用

甘酒バターチキンカレー白米セット、マンゴーリキュールヨーグルトリキュール割り

850円、550円

スパイシーなカレーはつまみにも◎。盾の川酒造が作るマンゴーリキュールをヨーグルトリキュールで割れば大人のラッシーに


お店からの一言

佐藤久美子さん、佐藤 剛さん

「ゆっくり飲んで、食べて楽しんで下さい!」

Japanese SAKE STAND 85の店舗情報

[住所]東京都千代田区神田神保町2-28 神田製本会館ビル101 [TEL]080-6534-0159 [営業時間]15時~23時(22時半LO)、土15時~21時半(20時半LO) [休日]日・祝 [席]スタンディング約20席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A4出口から徒歩3分

電話番号 080-6534-0159

撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン

2019年4月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...