SNSで最新情報をチェック

うどん文化の大阪であっても、今やお酒の後のシメとなると大多数が「ラーメン」と答えるだろう。 特に人気はとんこつで、つい先日の2月22日。北九州のラーメン選手権で堂々の4冠を達成した「石田一龍天満店」が大阪に初上陸!  取材のため、プレオープンに参加してみた。

画像ギャラリー

北九州の有名ラーメン店「石田一龍」が大阪に初上陸! こってり濃厚とんこつに舌鼓

うどん文化の大阪であっても、今やお酒の後のシメとなると大多数が「ラーメン」と答えるだろう。
東京の方に言わせると、かつての大阪には旨いと唸らせるラーメンが一つもなかったが、それも今や昔話。
特に人気はとんこつ。
つい先日の2月22日。北九州のラーメン選手権で堂々の4冠を達成した「石田一龍天満店」が大阪に初上陸。
取材をかねて、プレオープンに参加してみた。

店内は屋台をイメージ。
実はこのお店、上のフロアに行くにはこの店内を通ってエレベーターに乗る。
いわば通路の役割も兼ねていて、上層階の飲食店の帰り。
匂いに釣られて来店なんてパターンも。

小倉で人気の「石田一龍」。
厨房で指揮をとる店長も小倉から大阪に出てきた。
大阪初進出をこう語る。
「本店を含めて、福岡で5店。
このお店が6店目になります。
このスープを仕込むのには15、6時間かかっています」
「濃厚ラーメン」(850円)はトロトロ系の濃厚スープなのに癖が少ない。
口に含むとこってり系だが、後味が意外とさっぱり。
細麺が絡んで喉ごしも実に良いから、食べ始めると一気に完食。

しこしことしたキクラゲの食感が際立ち、サポート役には完ぺきだ。
北九州ラーメンの王道のようなラーメン。
地元で栄冠を勝ち取るのも納得だ。
もちろん、追加に「替え玉」(150円)も。

ちなみにあっさり味の「屋台ラーメン」(800円)もある。
次の機会は、ぜひこちらにも挑戦してみたい。

石田一龍 天満店
[住所]大阪市北区天神橋5-6-5 コミカビル1階
[TEL]06-4397-3899
[営業時間]11:00~21:00
[定休日]無休

加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...