SNSで最新情報をチェック

新型コロナウイルスの影響で今、飲食店は危機に瀕している。 とはいえ、自粛生活の中でも美味しいものを食べたい。そこで、これまで『まとメシ』にて紹介した店を中心に、私、永谷正樹がオススメするテイクアウトメニューやお取り寄せグルメを集中的に紹介しよう。 まずは、名古屋市緑区にある和食店『花ごころ 緑苑』から、始めようと思う。

画像ギャラリー

緊急連載!名古屋エリアのおすすめテイクアウト&お取り寄せグルメ_名物の「御膳」が家でも楽しめる名古屋市緑区『花ごころ 緑苑』のお弁当

新型コロナウイルスの影響で今、飲食店は危機に瀕している。
全国に発令された緊急事態宣言が解除されつつあるものの、第二波、第三波への懸念から予断を許さない状況である。
とはいえ、自粛生活の中でも美味しいものを食べたい。
そこで、これまで『まとメシ』にて紹介した店を中心に、私、永谷正樹がオススメするテイクアウトメニューやお取り寄せグルメを集中的に紹介しよう。

まずは、名古屋市緑区にある和食店『花ごころ 緑苑』。
ここは52年前に喫茶店として創業。
長年にわたって地元の人々に愛されてきた。
和食店へとリニューアルしたのは9年前。
本格的な和食も楽しめるが、素朴な味わいに心が和む日替わりのおばんざいや、女将自らが市場で仕入れた鮮魚を使った煮魚が人気だ。

テイクアウトメニューは3月上旬からスタート。
当初は常連客が立ち寄ったついでに買っていく程度だった。
そんななか、若女将の伊藤嘉美さんが一念発起して、手作りのチラシをポスティングすると、日を追うごとに電話注文や店へ買いに来る客が増えていった。

「ウチの店は、お客様の年齢や性別もさまざまで、食事を楽しむ方やお酒と肴がメインの方もいらっしゃいます。
すべてのお客様に満足していただけるように、『お家で緑苑』をテーマにテイクアウトメニューを考案しました」と、伊藤さん。

ここの名物は、昼も夜も楽しめる御膳。
なかでも、旬の鮮魚を使った日替わりの「煮魚御膳」(1700円※昼は1500円)。
この日は、大きな天然鯛のかぶと煮。
名古屋らしく甘辛い味付けに仕上げてあり、味わうごとに心がホッとする。

これをお弁当にしたのが、「市場直送 本日の煮魚弁当」(1500円~)。
魚は日替わりで、この日はメバル。
使用する魚の種類や大きさなどによって価格は若干変動するが、煮物やサラダ、フルーツも付き、店内で食べる「煮魚御膳」とほとんど変わらない。

こちらは「市場直送 本日の焼魚弁当」(1500円~)。
ほかにも名物の御膳ベースとした弁当は「大海老フライ弁当」(1500円)があり、どれも人気。
早い時間に売り切れることも多いので、電話で事前予約するのがおすすめだ。

『花ごころ 緑苑』には、カウンターに並ぶ日替わりのおばんざいを肴にお酒を楽しむ客も多い。
テイクアウトメニューでもお浸しや和え物、煮物など毎日10種類のおばんざいを用意している。
値段は、1つ350円~。

こちらは煮物や焼き物、酢の物などを少量ずつ、上品に盛り付けた「お父さんの晩酌Set」(1400円)。
会社帰りに店を訪れて買っていく客も多いそうで、これなら家飲みも楽しくなりそうだ。

また、誕生日や結婚記念日など特別な日におすすめなのは、オードブルを盛り合わせた「おまかせファミリーSet」(2人前3000円~※写真は2人前4000円)。
その名の通り、内容はお任せになるが、予算に応じてある程度はリクエストにも応えてくれる。
お弁当やおばんざい、オードブルでSTAY HOMEを楽しく過ごそう!

花ごころ 緑苑
[住所]愛知県名古屋市緑区曽根2-156
[TEL]052-624-2351
[営業時間]11時半~14時、17時半~21時 ※テイクアウトは20時半まで
[定休日]月曜、第3火曜

永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

湯気の向こうに笑顔が浮かぶ ブーム到来!焼売 今号の大特集は「焼売」でございます。餃子じゃなくて!?...