SNSで最新情報をチェック

純宍道湖産のシジミで作る旨みあふれる中華そばは、“塩”と“醤油” の二本立て。“塩”は、動物系のダシが下支えをするシジミスープに、シジミのダシを利かせた塩ダレ、風味たっぷりのシジミ油を合わせた一杯で、ひと口目からガツンと“シジミ”を感じることができる。

画像ギャラリー

宍道湖しじみ中華蕎麦 琥珀(最寄駅:雑色駅)

シジミ感満載の“塩”と複雑な旨みの“醤油”どちらがお好み!?

店主の岩田さん曰く「とったスープを最低でも2日寝かせることでコクが出る」のだとか。対する“醤油”は、キレよりもコクを重視した3種類の醤油をタレに使用。シジミのダシに地鶏の旨みを重ね、重厚感のある味わいに仕立てている。シジミの旨みはスープが冷めた方が強く感じられるため、「最初は鶏だと思ったら、後からぐいぐいシジミが追いかける」印象。時間差で旨みの余韻が続くので、早く食べ終わったらもったいない!

宍道湖しじみ中華蕎麦(塩)

800円

「特製中華蕎麦(醤油)」(1050円)はレア、吊るし焼き、ローストと3種のチャーシューと、味玉、ワンタンがのる


燻香と甘めのタレが食欲をそそる「吊るし焼きバラ丼」(350円)

お店からの一言

店主 岩田裕之さん

「生産者が分かる純宍道湖産のシジミです!」

宍道湖しじみ中華蕎麦 琥珀の店舗情報

[住所]東京都大田区西六郷2-1-3 [TEL]03-6690-0893 [営業時間]11時半~14時半LO、18時~21時LO ※ランチタイム有 [休日]日・祝(不定休あり) [交通アクセス]京浜急行雑色駅から徒歩5分

電話番号 03-6690-0893

撮影/瀧澤晃一 取材/松井さおり

2019年9月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...