SNSで最新情報をチェック

店主の木村氏は、ジロリアンに絶大な人気を誇る『富士丸』で腕を磨いた人物。オープン初日には、名立たるラーメン店主から開店祝いの花が届けられたが、「ほとんどが富士丸時代の常連さんですね」というから聞いて驚く。

画像ギャラリー

自家製麺NO11(最寄駅:下板橋駅)

人気ラーメン店店主も太鼓版を押す最強の二郎系ラーメン

スープはゲンコツと背ガラから出る骨の味と、腕肉から出る肉の味をバランスよくまとめたもの。本家よりも骨を多めに使うが、ゲンコツはあえて最後に投入することで、豚のダシ感を強調したマイルドなスープに仕立てている。別皿で出される「あぶら増し」(30円)や「生姜ダレ」(50円)、「あぶら入りメンマ」(150円)などで味変をしながら食べるのが常連流。上質な脂に麺をダイブさせ、つけ麺風にして食べるのがおすすめだ。今後は、「油そば」や「まぜそば」も限定で出していく予定。

ラーメン

850円

醤油で炒め煮にしたメンマを背脂と和えた「あぶら入りメンマ」


ラーメンの醤油ダレを和えた「生姜ダレ」。麺にのせて楽しむ

お店からの一言

店主 木村政美さん

「自分好みにカスタムをして楽しんでください」

自家製麺NO11の店舗情報

[住所]東京都板橋区大山金井町14-12 [TEL]03-3959-3811 [営業時間]18時~24時 ※日12時~16時 ※ランチタイム有 [休日]火、第2水 [交通アクセス]東武東上線下板橋駅から徒歩9分

電話番号 03-3959-3811

撮影/瀧澤晃一 取材/松井さおり

2019年11月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...