SNSで最新情報をチェック

ランチや定食をやっている店に入ると、唐揚げ定食をデフォルトで頼んでしまう脂っぽいおっさん女子です。だが、もし店のメニューにあったら唐揚げにも目もくれず頼んでしまうのが、実はハムエッグ定食。 なぜか定食屋さんで食べるハムエッグにはテンションが爆上りなのである(苦笑)。

画像ギャラリー

吉祥寺VS三鷹! ハムエッグ対決の件

ランチや定食をやっている店に入ると、唐揚げ定食をデフォルトで頼んでしまう脂っぽいおっさん女子です。
だがしかし。
もしも店のメニューにあったら唐揚げにも目もくれず頼んでしまうのが、実はハムエッグ定食。
自分で作って食べるハムエッグは超しょぼく、さらにやるせない雰囲気になるのだが、なぜか定食屋さんで食べるハムエッグにはテンションが爆上りなのである(苦笑)。
なんだろう? と自問自答したが、やっと会えたね的な感じなのかもしれない……(謎)。

イラスト/小豆だるま

吉祥寺を代表する(?)ハムエッグといえば……

吉祥寺でハムエッグ定食があるのは、私が確認しただけで3軒。
そのうちの1軒は、17回で紹介したプチロードの『K』。
おかあさんたちがやっている、スナックを居抜きにしたあそこですよ。
『K』のハムエッグは、キャベツを敷いた上にハム&たまご2個+マヨネーズというスタンダード仕様。
黄身がトロトロで大満足です。
私は定食にしちゃうけど、ハムエッグの単品を定食にプラスしている人も多いんだよね。
もう1軒は、500円でおなか一杯になる吉祥寺の有名定食屋『M食堂』。
有名すぎて、この連載では取りあげてないけど、ここのハムエッグは、日替わりで出てきた時が最高なんだよね。
メインのおかず+たまご1個のハムエッグなんですよ。
黄身もいい感じの半熟具合。ちなみにハムエッグの単品もあるよ。
あとメニューが多すぎの末広通りの蕎麦屋『Sや』(81回)にもありますが、私がハムエッグまで到達せず未確認です。
現状、カツ丼に夢中で蕎麦すら食べてないんだけど……(苦笑)。
これが、吉祥寺のハムエッグ定食のすべてなんですが……。

対する、三鷹のハムエッグは……?

はい、いきなり三鷹に行きますよ!
この話の本題は、三鷹の『I食堂』です。
ここは朝5時~20時までやっている有名定食屋。
めっちゃ安いよ。
500円超えるのが難しいよ、はっきり言って。
ここは好きなおかずを組み合わせて定食にするのがおすすめですが、私はハムエッグを軸にポテトサラダをプラスして、ごはん&味噌汁がデフォルト、が好きなんですよ。
このハムエッグは、ここのおばあちゃんが作ってくれるのですが、けっこうムラがあります(笑)。
でもこのムラがいい。ある日のハムエッグは目玉焼きの上にハムが豪快に乗っていた。
あー、黄身が見えない!
しかしたぶん、正しい位置は黄身の横にハムを2枚乗せる、だと思う。
ハムを下に敷かないタイプなんだよね。
目玉焼きのこんな感じも含めて、この『I食堂』が大好きなんですよ、私は!
わりと黄身が固めかな。
あと白身の焦げ具合がいい!
それに大きな特徴はハムが四角い!!
なんか昭和なんだよ!
この店は、朝8時台と昼11~13時は基本混んでいる。
私は夕方16時くらいの中途半端な時間にお店の空間独り占め! という感じでハムエッグを食べるスタイルが気に入っています。
当然ですが、ハムエッグは白飯に合わせます。
どこまで行っても白飯至上主義だよ。

天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。
小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...