MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
おっさん女子の吉祥寺パトロール(17) おっさんに、とっても優しい吉祥寺ランチの店の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(17) おっさんに、とっても優しい吉祥寺ランチの店の件

吉祥寺って、おっさんに冷たい街だと思う。おシャンティから、ナチュラル、ファンシー、意識高い系まで、若い娘さん向けの飲食店は、そのニーズに合わせて多種多様&あの手この手。でも、おっさんがおっさんらしく普通にご飯が食べられる店って、吉祥寺にはあまりないんだよね……。

おっさんに、とっても優しい吉祥寺ランチの店の件


吉祥寺って、おっさんに冷たい街だと思う。

おシャンティから、ナチュラル、ファンシー、意識高い系まで、若い娘さん向けの飲食店は、そのニーズに合わせて多種多様&あの手この手。

でも、おっさんがおっさんらしく普通にご飯が食べられる店って、吉祥寺にはあまりないんだよね。

先日、駅ビルのアトレ吉祥寺で、なにかの用事で吉祥寺に来たと思われるおっさん2人組が、某オシャレカフェの前で逡巡していた。

お昼を食べたいが、どこで食べていいかわからないし、駅ビルならなにかあるかなーと思ったら、オシャレカフェに遭遇。

自分たちはここに入っていいのだろうか……? 


そんな雰囲気を漂わせていたが、接客上手なお店の若い女子に促されて入店していた。

ここは、フードが完全にカフェ飯なんで、おっさんが一体何をオーダーしたのか興味津々だよ。


駅ビル飲食店には1軒くらい普通の蕎麦屋を配置しておけよ! と思うわけなんですが、吉祥寺は若い娘さんファーストなんで、致し方ないですが……。


イラスト/スタジヲワンツー

おっさんに優しい店、ハイテンションVer.なら「M食堂」でキマリ!

そんなおっさんに冷たい吉祥寺で、おっさんのオアシス的なランチがおすすめの店を紹介してみたいと思う。

まず、おっさん的にテンションの高い日は、サンロードにある「M食堂」がおすすめ。

ここは、唐揚げ定食、生姜焼き定食などのガッツリ系が充実しているし、ランチは一律900円。

ごはんも、おかわり無料。


若い女子+若い男子+お母さんの3人で切り盛りしているお店のようだけど、座席はすべてカウンター。
さっと食べて、さっと帰るという雰囲気がいいよ。

お客さんの中には、おっさんに混ざって女子もちらほらいるんだけど、見た目は若い娘さんだが、おそらく将来が楽しみな“おっさん女子予備軍”だと思う(笑)。


ちなみに私は、唐揚げが食べたいときは「M食堂」の比率多し。

定食は小鉢が4つ+メイン+ごはん+味噌汁という構成で、いつも大満足だよ。


しかもランチは17時までで、もっというと17時からは夜メニューだけど、引き続き定食もあるよ。

だから、いつ何時もおっさんに優しい店認定します!

おっさんに優しい店、ローテンションVer.なら定食屋「K」でどうだ!?


しかし、おっさん的にテンションが低い日もあるだろう。

お財布のテンションも低かったりとかさ。

そんなときは、プチロードの定食屋「K」がおすすめ。

ここは、お母さん3人で切り盛りしているお店。


元はスナックだよねー、という雰囲気の店内。


メニューが懐かしい昭和な雰囲気なんだよね。

肉じゃが定食、メンチカツ煮定食、野菜炒め定食などなど。

定食は一律750円! 
小鉢が5個+メイン+お味噌汁+ごはんは白米、麦ご飯が選択可能。

私はここのハムエッグ定食が好きなんだけど、荒く千切りしたキャベツが敷いてある上にハム&目玉焼き&マヨネーズという感じで、すごい癒される。


テンション低いのは財布の中だけで、本人的にテンションが高い場合は、生姜焼きやメンチカツ煮定食がおすすめかも。


カウンターがメインで、お昼時は満席だけど、14時過ぎたあたりから空いてくるから時間を見計らって行ってね。

ランチは16時まで。

そしてサンロード「M食堂」、プチロード「K」も、おっさんに優しい店のお約束、テレビがつけっぱなしでーす(笑)。


だからおっさんは入りやすいよ。


ちなみになぜか私が行く日は「M食堂」も「K」もランチ時間はTBSの番組……。

日テレ『ミヤネ屋』はテンション高すぎるんだろうか? 


あと、お昼を食べそこねたおっさんに優しい、ランチ営業時間なのも、おすすめの理由だ!








天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
本格的に暑くなってきて、冷たいスイーツの季節がやってきましたな。 で今回は、王道のソフトクリームだ! 吉祥寺には、ソフトクリームをテイクアウトできる店が山のようにあります。しかし、私が今回推したいのは、東急吉祥寺デパートです。やっぱアイスクリームはデパートだよ。昭和で素朴な味が好きなおっさん女子だよ……。
以前、仕事で会った中年男性が、ムダに肌が超プリプリ……(笑)。思わず「肌がキレイですね」と言ったら、「女性によく言われます。毎日、肉を食べるといいですよ(キッパリ)」と返されました」(苦笑)。やっぱ肉か……。 体力も気力もお肌の調子も落ちてくる夏。ここで肉を食べておいたほうがいいと切実に感じていたおっさん女子が、今回は吉祥寺でおすすめの「肉のお店」を紹介しようと思います。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
今回ご紹介するのは、2019年7月にオープンした『cafe&bar d●●●●●』だよ。 入れ替わりの激しい吉祥寺で1周年を迎えた&世界中を巻き込んだ“もーやってらんない”現象にも耐えていた(涙)。ということで、個人的に「おめでとう」の気持ちをこめてのご紹介です。店名はイニシャルだけどな……。
梅雨時のスッキリしない天気&気分を盛り上げるには、やっぱり肉だろ!と思うワケです。 そこで今回は、カツだよ! 揚げ物だよ! テンション上がるよね。もちろんカロリーも……。 吉祥寺の、カツ事情について考えてみたぞ〜!
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
5122views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt