SNSで最新情報をチェック

船橋の『まるは』グループが、「日本近海の海の幸を使った鮮魚ラーメン」を引っ提げて東京に進出。割烹料理や大衆居酒屋も営むことから、市場との伝手を生かした、他店では食べられないような贅沢な一杯を目指す。

画像ギャラリー

JAPANESE FISH NOODLE ウミのチカラ(最寄駅:仲御徒町駅)

高級魚も丸ごと使用!魚の旨みが詰まった究極の鮮魚ラーメン

材料の3割が“身”という定番の「真鯛らーめん」はとろりとクリーミーで、まるで鯛をそのまま食べているような味。トッピングのすり身団子は、あえて鯛ではなく旬の魚を使い、食べ飽きない工夫をしている。ちなみに今の季節は真鱈のすり身団子。冬はアンコウ、夏はハモなどを使う予定だという。毎週水・土曜に提供している「限定らーめん」(20食限定)には、ノドグロやクエ、メヌケ、ハタ、オニオコゼといった1㎏8000円は下らない高級魚を使用。究極の鮮魚ラーメンがお目見えする。

味玉真鯛らーめん(塩)

980円

寿司屋直伝の漬けダレに漬けた「旬の海鮮漬け丼(小)」(350円)。この日は、長崎県産の生サバがのった。マグロやカツオ、マンボウがのる日も!

お店からの一言

店長 渡辺誠さん

「あっさり派には鯖だしらーめんがおすすめです!」

JAPANESE FISH NOODLE ウミのチカラの店舗情報

[住所]東京都台東区台東1-32-6 [TEL]03-6806-0735 [営業時間]11時~15時、17時~21時(土11時~21時)※ランチタイム有 [休日]日(連休にかかる場合は最終日) [交通アクセス]地下鉄日比谷線仲御徒町駅1番出口から徒歩6分

電話番号 03-6806-0735

撮影/瀧澤晃一 取材/松井さおり

2019年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...