SNSで最新情報をチェック

地元・神奈川県の小田原や、全国各地の漁港からの直送ネタにこだわる。すし酢は酒粕だけの濃いめの赤酢と、米酢入りの赤酢の2種を混ぜたものを使用し、シャリへの色付きをあえて控えめに作っているのだとか。

画像ギャラリー

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

立ち食い鮨 鈴な凛(最寄駅:横浜駅)

全国の港から直送される地物ネタが見逃せない

ほんのりと色付いたシャリは、酸味と甘みのバランスが整い、光り物や炙り、白身など各種ネタにしっくりとくる。駅から直結した商業施設の中にあり、本格的な雰囲気ながら誰でも立ち寄りやすい。

あなご(塩)

300円

づけまぐろ(2貫より提供)

125円

スミイカゲソ(つまみ)

480円

立ち食い鮨 鈴な凛の店舗情報

[住所]神奈川県横浜市西区高島2-14-9 アソビル1階-10 [TEL]045-594-6381 [営業時間]11時~23時(22時45分LO)※ランチタイム有 [休日]無休(アソビルに準ずる) [交通アクセス]JR東海道線ほか横浜駅みなみ東口から徒歩2分 ※税別価格

電話番号 045-594-6381

撮影・取材/赤谷まりえ

2020年5月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...