SNSで最新情報をチェック

大手メーカーをはじめ様々なところでサービスが登場している、ビールサーバーを使った生ビールのサブスクリプション。その中のひとつが「DREAMBEER」。2020年の秋から始まったクラウドファンディングやプレ会員を経て、5月1日からいよいよ本会員登録が開始。一足先に体験しました。

画像ギャラリー

ビール好きなら誰もが一度は憧れるマイビールサーバー。コロナ禍で大手メーカーがはじめるなど広がりつつあります。中でも注目なのが「DREAMBEER」。

全国各地のブルワリー35社70銘柄(2021年3月15日現在)から、おまかせ、お好みでボトルが自宅に届き、それをサーバーにセットするだけ。1.5ℓのボトルが1本3520円〜で、サーバーレンタル代は基本無料。

詳細はHPをご覧いただくとして、扱うブルワリーには、保管温度や賞味期限の関係上、広く流通できないところもラインナップ。ビアバーで飲めない銘柄に出合えるのも魅力です。そういう場所に足を運び、供給を可能にした運営側にクラフトビール好きとして好感が持てます。

今回、一足先に「DREAMBEER」を体験させていただきました。

サーバー内にビールボトル2本と炭酸ガスを入れます。
掃除は水洗いだけで完了できるので簡単

この日いただいたのは、群馬県みなかみ町の「月夜野クラフトビール」の「ホタルの里の黒ビール」と、兵庫県淡路市の「あわぢびーる」の「ヴァイツェン」。

きめ細やかな泡とクリアな麦汁が、ビアバーで呑む“それ”。う、旨い。温度管理も絶妙だ。

サーバーがボトル2本を入れる構造上、家庭で置くには大きめではありますが、自宅でビアパブや専門店で呑めるようなクオリティが楽しめるなら……。妻と相談ですな。

多彩な銘柄のビールが続々登場!専用の生ビールサーバーで全国のクラフトビールもお楽しみいただけます。DREAMBEER(ドリームビア)のビールは、ビール本来の魅力を味わえる銘品揃い。モルトとホップの作り出すオリジナルのアロマをお楽しみください!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...