SNSで最新情報をチェック

1年のうち9カ月間という長いシーズンを戦う女子プロゴルファー。そのほとんどが旅の空にありますが、時には息抜きも必要です。試合と試合の合間に、そしてオフシーズンに。おいしいものを食べたり、趣味にどっぷり浸ったりする時間は、次への活力につながります。今回は、2021年宮里藍サントリーレディスオープンで4年ぶりのツアー2勝目を挙げた青木瀬令奈さんが訪れる東京都内の素敵なレストランを紹介します。

画像ギャラリー
2021年はツアー2勝目を飾る充実の年になった青木瀬令奈さん

女子プロたちをまとめるムードメーカー、宝塚OGに間違われることも!

青木瀬令奈さんは、プロたちをまとめるプレーヤーズ委員長も務めるムードメーカーです。趣味の一つが宝塚鑑賞。その待ち時間に訪れることが多いのが、東京ミッドタウン日比谷の『ブヴェット(Buvette)』。おいしいフードに舌鼓を打ちながら、観劇前の興奮に身を任せます。

「チケットを受け取ってから開場までの間によく行きますね」。コロナ禍では、なかなか観劇もままなりませんが、それまではシーズン中でもスケジュールを調整して舞台に足を運んでいました。

同い年の成田美寿々プロと一緒のことも多く、2人とも気合の入った観劇スタイル。時にはOGと間違われ周囲に振り向かれることもあるほどだと言います。

宝塚鑑賞が趣味という“ヅカファン”

東京ミッドタウン日比谷のレストラン『Buvette』 お気に入りは「クロックマダム」

東京宝塚劇場からほど近い『ブヴェット』は、オーナーシェフのジョディ・ウイリアムズさんが、2011年にニューヨークで始めた『ガストロテック(Gastrotheque)』のお店。ニューヨークや東京のほか、パリやロンドンなどにもあります。『ガストロテック』は、ウイリアムズさんの造語で、朝から晩まで一日を通して食べたり飲んだりできる喜び、場所・環境を表しているそうです。

その名の通り、朝から晩まで営業しており、観劇前のように、時間が限られる場合にもピッタリです。

青木さんのお気に入りは、「クロックマダム」(1870円)。クロックムッシュに目玉焼きとプロシュートがトッピングされて、ほどよいボリュームのオシャレなメニューです。

カジュアルなワインバーと古き良き時代のヨーロッパのカフェの融合をコンセプトにした趣ある店内は、アンティークの家具や調度品が温かい雰囲気を醸し出しています。観劇への期待を膨らませながらのひと時もまた、忙しい日々の潤いになっているのかもしれません。

クロックマダム(「Buvette」のホームページより)

 

次のページ
推しは「芹香斗亜」...
1 2

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

湯気の向こうに笑顔が浮かぶ ブーム到来!焼売 今号の大特集は「焼売」でございます。餃子じゃなくて!?...