MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
「お燗を立ち飲み」ハシゴ酒!行列のできる人気店、気軽に楽しむ東京3選!

「お燗を立ち飲み」ハシゴ酒!行列のできる人気店、気軽に楽しむ東京3選!

じっくり腰を据えて飲むのもいいが、立ち飲みで気軽に楽しむのも◎です。立ち飲みで気軽に楽しむ東京3選!

perm_media 《画像ギャラリー》「お燗を立ち飲み」ハシゴ酒!行列のできる人気店、気軽に楽しむ東京3選!の画像をチェック! navigate_next

おひとり様歓迎!
安くて旨い、
旬の立ち飲み

 もっと気軽に利用できる立ち飲みも案内しておこう。燗酒で立ち飲みといえば、縄のれんが翻る大衆酒場というイメージがあるが、最近はちょっと違う。

 まずはそんな1軒から。神楽坂にある「立ち飲みカド」は、古民家の土間で立ち飲みという渋い大人の空間だ。実はここ、季節の料理と日本酒がお座敷で楽しめる「カド」に併設された立ち飲み。セルフサービスの「おでん」1個100円~や「鯖へしこ」500円、「漬け物」300円で、キュッと熱燗をひっかければいい気分。小腹が空いていたら、揚げたての「うずらのからあげ」600円にかぶりつきたい。日本酒はその日のおすすめで一合400円~。神楽坂とあって外国人を案内しても喜ばれる粋な一軒だ。

立ち呑み カド[ 神楽坂 ]

メニューにある銘柄の他、本日入荷した日本酒なども出してくれる

暖簾の向こうは厨房。スタッフとのやりとりも楽しい。オーダーはセルフサービスで、この窓口から受け取る仕組みだ

うずら半身のからあげも美味

おでんの大根もいい色に

この日のスペシャルメニュー「ライスコロッケ」250円。中にチーズが入っている

[店舗情報] 立ち呑み カド

[住所]東京都新宿区赤城元町1-32 ☎03-3268-2410 [営業時間]17時~23時(入店21時まで) [休]無休 [席]スタンディング/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通しなし [アクセス]地下鉄東西線神楽坂駅1番出口から徒歩3分

 次は行列ができる人気店、新宿にある「日本酒スタンド 酛もと」だ。7坪という小さな店はビルの地下にありながら、いつも賑わっている。自家製の「燻製」411円~が人気だが、「イチヂクとブルーチーズの春巻き」627円など、ワインつまみ的なメニューもあって、若い世代に人気があるのも頷ける。日本酒は紙に書かれた「本日のおすすめ」グラス411円~以外にも、好みを言えばメニューにない銘柄を出してくれる。日本酒に詳しいスタッフが丁寧に教えてくれるのも頼もしい限り。

日本酒スタンド 酛[ 新宿 ]

日替わりのお通しでも酒がすすむ

変形コの字カウンターはギュッと詰めて13人程度。お互いに譲り合っているお客さん同士も心優しい。小さなカウンターなのでお店のスタッフとの距離が近いのも親しみがもてる

料理のメニューは黒板に書かれている。その時々で内容は入れ替わる

名物の「ポテトサラダ」519円はホカホカで登場

[店舗情報] 日本酒スタンド 酛

[住所]東京都新宿区新宿5-17-11 白鳳ビルディングB1 ☎03-6457-3288 [営]15時~23時(フード22時LO、ドリンク22時半LO)、土・日・祝12時~21時(フード20時LO、ドリンク20時半LO) [休]不定休 [席]スタンディング/禁煙/予約不可/カード不可/サなし、お通し代別300円 [アクセス]地下鉄丸の内線ほか新宿三丁目駅B5出口から徒歩3分

 最後は2015年に学芸大学にオープンした「日本酒専門店 圭」。スッキリとした店内は、地元住民が帰宅する夜8時ともなるとアッという間に満席。料理の基本は和食で刺身や魚料理が充実。その他に、ちらほらと中華テイストが入ったメニューがあり、こちらも意外と燗酒に合う。おひとり様には、何種類かを少しずつ盛り付けた「おつまみ盛り合わせ」800円がお得だ。お通しが日替わりのお粥というのも、悪酔い防止にありがたい心配り。日本酒は1杯500円。大きな日本酒セラーを見ながら選ぶ時間も楽しい。

日本酒専門店 圭[ 学芸大学 ]

店内で燗をつけている様子も眺められる 近所だけでなく遠くから来る人も少なくない 

つまみは300円~。「卯の花煮」250円、「メカジキのパテ」500円、「お刺身盛り合わせ」750円など。魚料理が美味しい。〆は「鶏肉とレタスのおかゆ」400円など

日本酒はフルーティーなものからどっしりとしたものまでバランスよく揃う

[店舗情報] 日本酒専門店 圭

[住所]東京都目黒区鷹番2-20-19 ☎03-6452-4516 [営業時間]19時~翌4時(翌3時LO) [休]日・第1月 [席]スタンディング/全席禁煙/予約不可/カード可/サなし、お通し代別300円 [アクセス]東急東横線学芸大学駅東口から徒歩3分

 燗酒は飲みたいけれど、ハードルが高いと感じるなら、まずは立ち飲みから始めてみたい。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
あったか〜いご飯に、卵をのせ、醤油をまわしかけ、かっこむ。言ってしまえばそれだけの卵かけご飯。でもそれが美味しくて、今ではTKGと呼ばれるほどの人気メニューに。各店の個性も出てきて、様々な店で食べるのも楽しいです。そんなTKGのオススメ店5軒をご紹介!
冬の味覚で名前が挙がるものといえば「牡蠣」。生でも焼きでもフライでも、どのように調理しても美味しくいただけます。ここでは、「おとなの週末」で紹介した三ツ星店から5軒ご紹介します!
調理パンの王様的存在は何といってもカレーパンでしょう。揚げた生地のサクサクした食感に、ねっとりとした濃厚な具材の調和が食欲をそそります。 スパイシーな香り、食べた満足感……。「おとなの週末」が選ぶ東京都内で激ウマなカレーパンが食べられるお店はココだ!
寒さが身に染みる真冬は一杯のラーメンが恋しいもの。醤油に塩、味噌、とんこつ……。数あるジャンルの中から選ぶとしたら、この時期は辛さがじんわりとカラダを温めてくれる「担々麺」ではないでしょうか。名店が集う激戦区の東京から5店を紹介します!
道を究めた一流の料理人と、日本を代表する美容業界社長という、異業種の組み合わせで語り合う本企画。第3回目となる今回は、天ぷら界随一の理論派でもある近藤文夫さんをフォーカス。対する高級化粧品会社社長・小林章一さん、実は“天ぷらNG”の前情報もあり、ビジネス談義以外も見所満載。 果たしてふたりの会話の行方は如何に、そして小林社長は天ぷら開眼なるか!?
最新記事
日本在住のロンドンっ子たちの間で話題になっているお店が表参道にオープン。その名は『リナストアズ』。ロンドンのソーホー地区で1944年に創業し、今もなお人気を誇るイタリアンデリカテッセン&レストランです。英国外初の出店となる1号店に伺いました。
琥珀色の米粒から、ぷぅ~んと匂い立つ醤油の香ばしさ。1929年の開業時から受け継がれた味だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル