MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
両国で絶品海鮮丼!「かぶきまぐろ」の看板メニュー「築地場外丼」

両国で絶品海鮮丼!「かぶきまぐろ」の看板メニュー「築地場外丼」

かぶきまぐろ(魚介・海鮮料理/両国)|築地の大卸で働いていた店主が、2軒目の魚料理店を開店。長年培った目利きの技と、市場での伝手を生かし、上質な魚介類を提供する。

かぶきまぐろ(最寄駅:両国駅)

魚介の美味しさと遊び心が共存した絶品海鮮丼

昼の丼は1000円〜、看板メニューの「築地場外丼」は高価に思えるが、目の前にし、口にすると納得。魚介類が惜しげも無く盛りつけられ、むしろお得なのではと思えるほどの味だ。夜の一品料理は焼き物、揚げ物、蒸し物など様々。素材を生かしつつ巧みに手が加えられている。

築地場外丼
3000円

20種の海鮮が使われている丼。

上の丼を外すと、エビとホタテとジュレが見つかる仕掛けあり!

おまかせ盛り
2700円

刺し盛りと肴数品、その日の美味しいものを集めたセット。写真は一例で、マテ貝の酒蒸し、牡蠣の炭焼きなど

かぶきまぐろ

■『かぶきまぐろ』
[住所]東京都墨田区横網1-3-20 両国 江戸NOREN  
[TEL]03-6456-1032 
[営業時間]月曜日~金曜日:11時~15時(14時半LO)、17時~23時(22時LO)、土曜日・日曜日・祝日:11時~23時(22時LO) ※ランチタイム有
[休日]施設に準ずる 
[アクセス]JR両国駅西口から徒歩1分

電話番号 03-6456-1032
2017年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
まずは名物「貝の籠蒸し」をご覧あれ。日替わりで自慢の新鮮な貝を取り合わせ、豪快に蒸しあげた一品だ。
夜はサロマ湖の牡蠣、函館直送の寒ブリ、オホーツクのカニやジンギスカンといった北海道の食満載の料理店。だが昼の丼もまさしくザ・北海道! 
ほどよく脂をたたえた瑞々しい身の輝きから、間違いなしの旨さを確信する。刺身で食べても抜群の本マグロの中トロを、しゃぶしゃぶにするというのだから、なんとも贅沢。
カルパッチョが2段のスタンド仕立てで登場するなんて初体験だ。それも濃厚な甘エビからフレッシュオレンジを添えた真鯛まで、味も見栄えも華やかなあれこれに目がランラン&心ウキウキ。
一心不乱にエビが食べたい。そんなアナタに朗報。何とエビでお腹いっぱいになる「海老しゃぶ」があるんです。使用するのは大きさと新鮮さを厳選した赤エビで、その量2人前で約1kg。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
長い玉子焼きを、キューブ状にカットして食べやすくした商品。ほんのりささやかな甘みの中に、風味豊かな青海苔が混ぜ込まれ、後味はさっぱり爽やか。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt