MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
味坊鉄鍋荘(中華/湯島)-中国の羊肉郷土料理、一番人気のラム肉鍋

味坊鉄鍋荘(中華/湯島)-中国の羊肉郷土料理、一番人気のラム肉鍋

湯島の中華店[味坊鉄鍋荘]の羊肉郷土料理に関する、グルメ記事と写真のページ。中国の羊肉郷土料理、鍋鉄鍋煮込みを満喫!羊肉や煮込み料理をよく食べるという、中国・東北地方の黒竜江省。オーナーの梁宝璋さんは、自身の故郷の味を伝えるべく、この店をオープンした。[交通アクセス]地下鉄千代田線湯島駅6番出口から徒歩3分

perm_media 《画像ギャラリー》味坊鉄鍋荘(中華/湯島)-中国の羊肉郷土料理、一番人気のラム肉鍋の画像をチェック! navigate_next

味坊鉄鍋荘(最寄駅:湯島駅)

 [味坊鉄鍋荘]では肉や魚、たっぷりの野菜などを使った約6種類の鍋を用意している。

 一番人気を誇るこのラム肉の鍋は、テーブルにセットされた鉄鍋で具材を30分ほど煮込んで旨みを凝縮。ベースとなる鶏スープには香り高い中国醤油と八角やクミンなどを効かせ、その甘辛いツユが染み込んだラムとダイコン、タケノコの奥深い味わいは至福の極みだ。

3780円コース(1人前)
●日替わり前菜5品 ●鍋 ●饅頭
●水餃子 ●デザート( 注文は2人前~)

红焖羊肉(ラム肉と大根の醤油炒め煮)

上にのる花巻、トウモロコシの粉を練った「鍋貼(グゥォティェ)」は鍋ごと蒸し上げる。写真は2人前

日替わり前菜5品

季節を意識した前菜は、手前右から時計回りで「牛ハチノスの麻辣ソース和え」、「冷製肉の醤油漬け」、「押し豆腐の冷菜」、「ワカメの芯とゼンマイの冷菜」、「崩し豆腐のネギ塩和え」

水餃子

モチモチの皮も魅惑的

白キクラゲのハチミツ漬け

漢方の考えも取り入れたやさしい味わい

ロゼ・テー・オー、アルザス・シニャチュール
3564円、3240円など

料理と相性抜群のワインを20種類ほど揃える。写真のオススメの他、モルドバ共和国産も

[酒] ビール生648円、中瓶648円 ワイングラス540円、ボトル3240円〜 
[その他のメニュー]5400円コース(煮込み料理2品、日替わり前菜7品、饅頭、水餃子、デザート)、清炖羊肉(ラム肉と野菜の塩煮込み)、酸菜鱼(白身魚と発酵高菜の煮込み)各1814円

味坊鉄鍋荘の店舗情報

■『味坊鉄鍋荘(アジボウテツナベソウ)』
[住所]東京都台東区上野1-12-9
[TEL]03-5826-4945
[営業時間]17時~23時半(22時半LO)
[休日]月曜日
[座席]4席×2卓、6席×2卓 最大24席/予約可/カード可/全席禁煙/サなし
[アクセス]地下鉄千代田線湯島駅6番出口から徒歩3分

電話番号 03-5826-4945
2017年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
『筑紫樓』といえばフカヒレ専門店の重鎮。行ってみたいけど、恵比寿本店や銀座店の煌びやかなイメージに及び腰……。
中華は家族みんなで囲める料理。ならばどんな世代にも親しみやすく、なおかつ体に優しい方がいい。
ここでは何をさておいてもまずコレ、見事な焼き色、ボリュミーな姿にそそられる通称“ジャンボ餃子”だ。本店は1949年創業の老舗だが、そこで当時から変わらない手作りで半世紀以上愛されてきた味。
山東省出身の現店主の祖父が店を開いたのが、1949年のこと。夜のメニューは、フカヒレやアワビなどの高級食材を使った一品から点心類まで幅広い。
東急世田谷線・三軒茶屋駅の程近く、ここだけ昭和にタイムスリップしたかのように佇む。1973年の創業ながら、入口の食品サンプルまで手入れが行き届き、店主夫妻の実直な人柄が伺える。
特殊な機械で栗ペーストを搾り出すモンブランが、昨年人気を集めました。それをおとなの週末編集部では“天空系モンブラン”と命名。そんな“天空系”が楽しめる店を巡りました。
銚子港で水揚げされた釣りキンメをはじめ、新鮮で質の高い魚介を食べるなら、ここを訪れるべし! 創業は昭和41年。
「肉の色と質を見てください」。店主の栗山さんが大事そうに抱えてきたのは、沖縄在来種の血統を守る今帰仁アグー。
美味しいお店を求めて日頃から街をウオッチしている「おとなの週末」編集部。2020年、街ナカやスーパー、コンビニなどで目についたトレンドグルメを振り返ります。
女将の越野 舞さんは飯田橋の人気店『ル ジャングレ』で活躍したお燗番。ふんわり優しく仕上げたお燗酒に定評がある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル