MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC(朝食ブッフェ/浅草)|丁寧に作られた絶品メニューの数々で朝から幸せに

ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC(朝食ブッフェ/浅草)|丁寧に作られた絶品メニューの数々で朝から幸せに

浅草・雷門の目の前に建つ、ホテル最上階の13階にあるブッフェ。朝日に照らされる東京スカイツリーを、開放的な窓から望むロケーションの中でいただく朝食は格別だ。

ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC Rレストラン&バー(最寄駅:浅草駅)

 ブッフェは「エッグベネディクト」「元祖カリーベネティクト」「ベーコン&フレンチトースト」「スクランブルエッグ」の4種から選ぶメインと、有機野菜を中心にしたサイドディッシュやパンが並ぶベジタブルステーション。このクラスのホテルで、エッグベネティクトがあるのは珍しい。ホテルの「ちゃんとした卵料理を出したい」考えゆえだ。また、品数を増やすのではなく、一品ずつ丁寧に手間をかけて作られている。 例えば、手搾りオレンジジュースと手作りのマーマレード。マーマレードは巣蜜からすくったハチミツを混ぜてクロワッサンにのせていただくと、オレンジのほのかな苦みを包む濃厚な甘さで、朝から贅沢な気分にさせてくれる。 着席すると「コーヒーか紅茶か」を聞かれる高級ホテル並のサービスで気分が高まる点も踏まえて、この価格ならば何度でもリピートしたくなるハズだ。

朝食ブッフェ
1人 2160円

ほんのり甘めのビーフカレーがかかる、ホテルオリジナルの「元祖カリーベネディクト」。ポーチドエッグとオランデーズソース(レモン果汁と卵黄のソース)との相性も抜群だ。添えられたトマトはグリルのひと手間がかけられて旨みが凝縮、口直しにもピッタリ

パンはクロワッサンなど3種。各テーブルにエシレバターが

トマトソースのペンネなど温菜も

サラダや野菜料理を取り揃える

手搾りのオレンジジュースは何杯でも飲みたくなる

何より珍しいのは、熊本から取り寄せている巣蜜のハチミツ。市販品とはまるで違う濃厚さと、奥行きのある甘みに驚く

ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC Rレストラン&バー

[住所]東京都台東区雷門2-16-11 [TEL]03-5826-3877 [営業時間]朝食ブッフェ:6時半~10時(最終入店) [休日]無休 [席]88席 全席禁煙(喫煙ルームあり)/カード可/予約不可/サ/なし [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか浅草駅徒歩2分

電話番号 03-5826-3877
撮影/貝塚隆 取材/渡邉裕美
2017年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
天空散歩に満足したら、日本最高所のホテル、『ホテル千畳敷』のレストランへ。メニューボードの前に立つと思わず迷ってしまう。
「雲の上の居酒屋」を堪能したら、バスターミナルの上に建つホテル立山の『ティーラウンジりんどう』へ。名物の「黒部ダムシフォン」を注文すると、生クリームが波を打ちながら流れ出た高さ10センチほどの巨大なシフォンが出てきた。
外の緑が美しく、優雅で品のあるラウンジでは、大きなソファが置かれくつろげる。ここでは、ホテル自慢のアフタヌーンティーセットを予約したい。
渋谷駅近くの『セルリアンタワー東急ホテル』にある利便性の高さにプラスして、3種の味が楽しめる前菜、肉か魚から選べるメインディッシュ、パスタとボリュームが魅力のランチを提供。使う素材は旬を意識しているためどれも新鮮で、日本ブランドにもこだわる。
ホテルのクラスを考慮するとコスパ抜群のランチセットは、4種類から選べるメインと小菜から成り、食材の旬に合わせて半月毎に内容が替わる。麻婆豆腐のみ常時提供で、日本における四川料理の父といわれる陳建民氏の愛弟子だった初代料理長から引き継いだ、伝統の味だ。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt