MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
龍名館東京 花ごよみ東京(ホテル/八重洲)-朝食ブッフェのグルメ記事

龍名館東京 花ごよみ東京(ホテル/八重洲)-朝食ブッフェのグルメ記事

八重洲の「龍名館東京 花ごよみ東京」の朝食ブッフェに関するグルメ取材記事と写真のページ。野菜料理が数多く並ぶ、和食中心のブッフェ台。野菜は、冬なら亀戸大根など流通量の少ない江戸野菜もあり、またしゃぶしゃぶ、蒸し、焼きと調理法がバラエティに富んでいるのも特長的だ。[住所]東京都中央区八重洲1-3-22

perm_media 《画像ギャラリー》龍名館東京 花ごよみ東京(ホテル/八重洲)-朝食ブッフェのグルメ記事の画像をチェック! navigate_next

龍名館東京 花ごよみ東京(最寄駅:東京駅)

寝起きの身体にも優しい多種多様な野菜料理

 メタボ気味でも気にせずエネルギーをチャージできるヘルシーさだが、ボリュームがないわけではない。和食定番の焼き魚や刺身、揚げ物の主菜。とろろ、納豆、シラスなどの副菜に、生卵は比内地鶏など常に3種揃えられている。また、味噌汁、粕汁、丸鶏スープと温かい汁物が3種あり、寝起きの身体が温まる気の利いた趣向。 お米を和惣菜でめいっぱいほおばりたい気分のときに、足を運びたくなる朝食だ。

朝食ブッフェ
1人 2500円

色合いの美しさが食欲をそそる

和×洋の「切り干し大根のナポリタン風」はケチャップ味が斬新だが、ご飯と合う

「さくら」「もみじ」の純国産鶏の卵も

肉厚な刺身は常時2種(この日はマグロとホタテ)

江戸野菜も含めた旬の野菜が36種並べられた「野菜のしゃぶしゃぶ」。クルミが入ったタレは食べごたえ充分で、その食感が野菜を引き立てる

龍名館東京 花ごよみ東京の店舗情報

[住所]東京都中央区八重洲1-3-22 [TEL]03-3271-0971 [営業時間]朝食ブッフェ:7時~10時(9時45分LO) [休日]無休 [席]44席 全席禁煙/カード可/予約不可/サ/料金に含む [交通アクセス]JR山手線東京駅八重洲北口徒歩3分

電話番号 03-3271-0971
2017年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
 ランチビュッフェといえば、まず思い浮かぶのが高級ホテルのそれ。しかし最近では、ビジネスホテルも手頃な価格帯を武器に参戦しはじめているのだ。
ホテル雅叙園東京 ニューアメリカングリル カナデテラスのランチブッフェに関するグルメ取材記事と写真のページ。店内のグリルで常時焼かれているのは、塩水に漬け込み、全体が均等な味になるよう下ごしらえされた牛肉、淡白さを青山椒の風味で包んだ鶏肉。さらに肉のショーキッチン前のブッフェ台にはスペアリブまで。
ホテル前の柘榴坂を店名に冠し、2017年4月に『グランドプリンスホテル新高輪』がニューオープン。シェフが切り分けるローストビーフ、ライブで焼かれる魚介と野菜の網焼きグリル、パティシエが盛り付けるジェラートと、ショーキッチンは圧巻だ。圧巻のショーキッチン
グルメライターが[アスコット丸の内東京 トリプルワン シンガポール&チャイニーズキュイジーヌ]を実食レポート。日本でのシンガポール料理の先鞭をつけた『シンガポール海南鶏飯』が手がける、2017年3月にオープンしたホテルの新店。[住所]東京都千代田区大手町1-1-1 22階
最新記事
丁寧なスジ切りをし、粗めの衣で揚げられたカツは香ばしく、さっくり噛み切れる柔らかさ。サワラや牡蠣など季節の魚介フライも用意されており、様々な美味しさを楽しめるのも魅力だ。
北海道では秋が収穫どきな小豆。そんな、今まさに旬!な小豆を使った「あんパン」と「あんバター」から、厳選された逸品をご紹介します。昔ながらのあんパン派の『おとなの週末』ライター池田と、今どきのあんバター派の編集・戎によるあんこバトルも開戦?
芸能界イチのパン好き女優・木南晴夏さん。好きが高じて2020年3月に自身初となる著書『キナミトパンノホン』を上梓しました。東京を中心に関東のパン屋さんから9カテゴリ全48軒が登場しています。その中から、オンラインショップでも買える5軒を厳選。木南さん本人のおすすめポイントと共にご紹介します。
読者の皆さん(特に男性)、異国情緒あふれるお洒落な店内に尻込みするべからず。何てったってココは極旨のローストポークがあるんだから! 
コロナ禍で、食材や料理を産地から新幹線で直送するニュースを見かけます。それを超えるスケールで展開するのが「サバヌーヴォー」。ノルウェーから飛行機で水揚げから約60時間でやってくるのです。しかもこれが相当な美味というのです。サバジェンヌ渾身のレポートをご覧あれ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル