MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
焼肉しみずのグルメ記事ー予約必須の価値ある逸品黒タン(焼肉/不動前)

焼肉しみずのグルメ記事ー予約必須の価値ある逸品黒タン(焼肉/不動前)

不動前の焼肉店「焼肉しみず」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真ページ。衝撃が走ったと言っても過言ではない。「焼肉しみず」の黒毛和牛のタンを味わった時のことだ。[住所]東京都品川区西五反田4-29-13 [TEL]03-3492-2774

焼肉しみず(最寄駅:不動前駅)

[焼肉しみず]の牛タンは分厚いのにサクッと噛み切れるほど絶妙なやわらかさ! ひと切れ1500円と値は張るが、それだけ価値ある名物なのだ。 旨さの秘密は丁寧にトリミングした黒毛和牛の生の黒タンの芯のみを提供しているから。炭火の上で転がすようにじんわり焼き、表面がパンパンに張ってきたら食べごろ。ほかにも繊細な旨みの「田村牛」の処女雌を主に使用し、部位により2~3週間熟成をかけた希少部位の赤身が1枚から注文できる。鮮度抜群の上ミノなども大人気。

厚切り黒毛和牛タン
1500円(※取材当時)

炭火でじっくりと焼き、仕上げに強火で表面をカリッと焼き上げる。中はロゼ色のミディアムレアで、実にジューシー。迷わずかぶりつけ!

おまかせ盛り(部長4種盛り)
3200円

写真はミスジやザブトンなど。雌牛は融点が低く、口の中でとろけるようなスッキリとした甘みがある

ガツポン酢
650円

茹でた牛ギアラ(胃袋)にニンニクや唐辛子などを入れた自家製ポン酢をかけたもの。サッパリとしてつまみに最高

焼肉しみずの店舗情報

写真:焼肉しみずの店内

■『焼肉しみず』
[住所]東京都品川区西五反田4-29-13 TYビル2階
[TEL]03-3492-2774
[営業時間]17時~24時(23時LO)、日曜日・祝日:17時~23時(22時LO)
[休日]月曜日
[座席]テーブル36席、計36席/禁煙席なし/予約可/カード可(VISA・MASTERのみ)/サなし、お通し400円別
[アクセス]東急目黒線不動前駅から徒歩3分

電話番号 03-3492-2774
2017年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
希少部位の握りに、目の前で炙った赤身の七輪焼き。とび切りの黒毛和牛をハイコスパで味わうならば、ここを訪れるべし!
神田駅西口にある予約のとれない人気焼肉店が3月にオープンさせた、個室主体の2号店。芝浦市場の問屋から仕入れる上質な黒毛和牛を手頃な価格で味わえる。
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
極上の赤身肉とワインが豊富な『焼肉キンタン』。その麻布十番店だけにしかないのが「シャトーブリアンサンド」。
池袋「神の羊」はジンギスカン専門店。臭みがなく力強いコクと風味のジンギスカンが堪能できる!使用するのは、冷凍ではなくチルドで輸入された豪州産の上質なラム肉。[住所]東京都豊島区池袋2-58-11[TEL]090-8560-0925
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。
パスワードを入れるタイプのWi-Fiなので、高い安全性がうれしい。コンセントは5席あるカウンターにあり、タイミングによっては高い競争率になることも。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt