MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
焼肉しみずのグルメ記事ー予約必須の価値ある逸品黒タン(焼肉/不動前)

焼肉しみずのグルメ記事ー予約必須の価値ある逸品黒タン(焼肉/不動前)

不動前の焼肉店「焼肉しみず」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真ページ。衝撃が走ったと言っても過言ではない。「焼肉しみず」の黒毛和牛のタンを味わった時のことだ。[住所]東京都品川区西五反田4-29-13 [TEL]03-3492-2774

perm_media 《画像ギャラリー》焼肉しみずのグルメ記事ー予約必須の価値ある逸品黒タン(焼肉/不動前)の画像をチェック! navigate_next

焼肉しみず(最寄駅:不動前駅)

[焼肉しみず]の牛タンは分厚いのにサクッと噛み切れるほど絶妙なやわらかさ! ひと切れ1500円と値は張るが、それだけ価値ある名物なのだ。 旨さの秘密は丁寧にトリミングした黒毛和牛の生の黒タンの芯のみを提供しているから。炭火の上で転がすようにじんわり焼き、表面がパンパンに張ってきたら食べごろ。ほかにも繊細な旨みの「田村牛」の処女雌を主に使用し、部位により2~3週間熟成をかけた希少部位の赤身が1枚から注文できる。鮮度抜群の上ミノなども大人気。

厚切り黒毛和牛タン
1500円(※取材当時)

炭火でじっくりと焼き、仕上げに強火で表面をカリッと焼き上げる。中はロゼ色のミディアムレアで、実にジューシー。迷わずかぶりつけ!

おまかせ盛り(部長4種盛り)
3200円

写真はミスジやザブトンなど。雌牛は融点が低く、口の中でとろけるようなスッキリとした甘みがある

ガツポン酢
650円

茹でた牛ギアラ(胃袋)にニンニクや唐辛子などを入れた自家製ポン酢をかけたもの。サッパリとしてつまみに最高

焼肉しみずの店舗情報

写真:焼肉しみずの店内

■『焼肉しみず』
[住所]東京都品川区西五反田4-29-13 TYビル2階
[TEL]03-3492-2774
[営業時間]17時~24時(23時LO)、日曜日・祝日:17時~23時(22時LO)
[休日]月曜日
[座席]テーブル36席、計36席/禁煙席なし/予約可/カード可(VISA・MASTERのみ)/サなし、お通し400円別
[アクセス]東急目黒線不動前駅から徒歩3分

電話番号 03-3492-2774
2017年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
好きな肉を好きな焼き加減で気軽に楽しむひとり焼肉。コロナ禍でますます需要が高まると共に人気も集めているという。入りづらい、いろいろ食べられない……実際に足を運ぶと、そんな 不安を吹き飛ばすかのようなパラダイスだった! ※取材は2020年2月に行っています。
和牛にこだわり続けて45年以上という老舗焼肉店が、江東区に初進出。もちろん、使用するのは市場にほぼ出回らない希少銘柄・増田牛をはじめ、全国から選りすぐった雌の黒毛和牛だ。
肉は自社の生肉卸から仕入れるため、質と鮮度はもちろん価格も魅力的。肉のプロフェッショナルである店主が、状態を見極め、その日最高の逸品を提供する“おまかせコース”でその実力を体感しよう。
歯を押し返す弾力ある肉をグッと噛み切れば赤身肉独特の芳醇な香り、肉汁が口に広がっていく。「むぅ、旨い」思わず声が漏れてしまう。
部位ごとの特性を生かし甘みや旨みを最大限に引き出した奥深さを堪能できるタン!
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル