MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ホルモンの旨さで連日満席|ホルモンナカジはなれ(ホルモン/南砂町)

ホルモンの旨さで連日満席|ホルモンナカジはなれ(ホルモン/南砂町)

鮮度抜群の国産ホルモンの旨さが評判で連日満席の『ホルモンナカジ』。 その2号店として2016年11月28日にオープン。

ホルモンナカジはなれ(最寄駅:南砂町駅)

活気溢れる店内で香ばしいホルモンを肴に呑める幸せ!

 ズラリと並ぶ単品も魅力的だが、迷うなら「厳選おまかせホルモン盛」がおすすめだ。「小」(1300円)は5~6種類で約250g、「大」(1800円)は7~8種類で約350gとボリュームたっぷり。ホルモンの多彩な食感や味が楽しめる。また、忘れてはならないのが名物の「岩ハラミ」(1380円)。約150gのハラミをドーンと1枚使い、炭火でじっくり焼き上げる。少し焦げたくらいが食べ頃で、断面は赤が美しいミディアムレアの仕上がり。その柔らかさ、旨みの深さに大感激!

岩ハラミ
1380円

表面に切れ目を入れ、ゴツゴツした見た目はまさに肉のエアーズロック!

厳選おまかせホルモン盛 大
1800円

この日はマルチョウ、上ミノ、ホルモン、くつべら(豚のナンコツ)、トントロ、おっぱい、コリコリ(大動脈)、ハツ。内容は仕入れにより異なる。味つけは塩、または味噌が選べる

特製もつ煮込み
480円

特製もつ煮込みは白味噌ベースのあっさり味。ミ

ミドリムシサワー
580円

ホルモンナカジはなれ

東京都江東区南砂7-6-16 [TEL]03-6666-0165 [営業時間]17時~24時 [休日]不定休 [席]カウンター6席、テーブル4席×6卓 計30席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]地下鉄東西線南砂町駅2a出口から徒歩6分

電話番号 03-6666-0165
2017年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
路地裏の名店とは、まさにこの店のこと。『ホルモン焼 柳』は超新鮮な国産ホルモンをウリに、20年間営業を続けてきた。
精肉店で10年働いた経験を持つ店主が厳選するホルモンを、多彩な料理で提供。良いもののみを仕入れるため欠品もあるが、本当に旨いものが並ぶ。
[もつやき ばん]のグルメ記事と写真のページ。レモンサワー初心者におすすめしたい“発祥の店”である。60年代、そのスタイルとネーミングはこの店がまだ中目黒にあったときに確立した。[交通アクセス]東急東横線祐天寺駅東口から徒歩6分
[焼肉ホルモン龍の巣]のグルメ記事と写真のページ。肉屋直営の強みを生かし、全国から仕入れたホルモンをすぐさま店舗へ直送。丁寧に下処理した鮮度抜群のホルモンをリーズナブルな価格で提供する。[交通アクセス]地下鉄副都心線ほか新宿三丁目駅C6出口から徒歩1分
[炭火家 おだづもっこ]のグルメ記事と写真のページ。気仙沼出身の店主が切り盛りする居酒屋。炭火でふっくら焼き上げた串焼きをはじめ、メニューが充実。[交通アクセス]JR中央線高円寺駅北口から徒歩5分
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt