MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
牛肉の老舗が選び抜いた“適サシ肉”とは?|ちんや亭(ステーキ/浅草)

牛肉の老舗が選び抜いた“適サシ肉”とは?|ちんや亭(ステーキ/浅草)

 明治13年創業のすき焼きの老舗。その地下1階では昼のみ営業するカウンターだけのカジュアルなレストランを構えている。

ちんや亭(最寄駅:浅草駅)

メニューは名物のすき焼きの他に、ハンバーグやステーキも用意。今年から始まった新たな取り組みが、過度な霜降り肉よりも健康的に育てられた牛の適度なサシが入った肉、“適サシ肉”の使用だ。黒毛和牛の雌牛を一頭買いし、約1ヶ月の熟成を経て甘みや風味を充分に引き出してから提供している。長年牛肉を扱ってきた老舗が認めたその味を堪能したい。

サイコロステーキ定食
2000円

ステーキやすき焼き肉の成形の際に出る切れ端を使用するため、上質な肉をおトクに味わえる。肩バラやモモなど、霜降り部位と赤身部位が混在するため、ひと口ごとに異なる味わいを楽しめるのも魅力だ。ステーキは塩・コショウを振ってから焼き上がる直前に醤油とブランデーをかけ、香りよく仕上げる

サーロインステーキ定食
4000円

ほどよいサシが入り、上品な脂の甘みのなかにも、牛肉のしっかりとしたコクを感じられる。牛スジをじっくり煮込んで取るブイヨンをベースにした、まろやかな自家製ソースでご飯がすすむ。好みでカラシとすりおろしニンニクを付けていただく

ちんや亭

■ちんや亭
[住所]東京都台東区浅草1-3-4 ちんやビル 地下1階
[TEL]03-3841-0010
[営業時間]11時半~16時(15時LO) ※ランチタイム有
[休日]火・水
[座席]カウンター16席 計16席/全席禁煙/予約不可/カード可/サなし
[アクセス]地下鉄銀座線ほか浅草駅1番出口から徒歩1分

電話番号 03-3841-0010
2017年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
秋葉原の「トゥッカーノ グリル 秋葉原2号店」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ジュウジュウと音を立てる鉄板の上には、牛・豚・鶏、さらにハンバーグ・リングイッサと美味なる肉が勢揃い。特に牛はレアに近く、鉄板の上でひっくり返し、好みの焼き加減にできるという楽しさ付きだ。[住所]東京都千代田区外神田3-4-16
グルメライターが渋谷のステーキ店[PEKO CISE(ペコシセ)]を実食レポート。近年牛肉は、上品な脂身を持つきめ細かいサシが好まれている。そんななか、奥渋谷にオープンした『PEKO CISE』で提供する牛肉は、北海道・十勝の雄大な自然で育てられた「十勝大平牛」。[住所]東京都渋谷区神山町4-18
THE OLD STATION(オールドステーション)/ステーキ/東京駅|徹底管理のドラフトビールを提供するビアホール。華やかな香りと甘み、最後のコクが魅力の限定醸造「アルト」をはじめ、6種類のビールが揃う。
 牛肉を豪快かつリーズナブルに味わいたい! そんな願いをかなえるのが2016年にオープンしたこちらの肉バルだ。
 恵比寿で20年続く家庭的な雰囲気の鉄板焼き店。勝浦で精肉店も経営する店主の府川さんが選び抜いた上質な牛肉を、目の前の鉄板で焼き上げてくれる。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt