MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
コラム
まとめ記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
[一饗] おすすめメニューのグルメ記事と写真(居酒屋/中目黒)

[一饗] おすすめメニューのグルメ記事と写真(居酒屋/中目黒)

[一饗(いっきょう)] のグルメ記事と写真のページ。メニューは日替わり。その日仕入れたいいもので考えるという同店だが、お客さんのリピート願望が強く定番化したのがこの「特製一饗コロッケ」[交通アクセス]東急東横線・地下鉄日比谷線中目黒駅東口から徒歩5分

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

一饗(最寄駅:中目黒駅)

サクッとした中に隠された味のハーモニー「特製一饗コロッケ」

知り合いの長野の農家から仕入れる男爵いもをベースに、たっぶりの白ワインで蒸し焼きされた牛もも肉と玉ねぎのミンチ、モッツァレラとイタリアンパセリ、ゆで卵。アンチョビと塩昆布でいい塩梅に味が付けられている。で、ポイントはその全体のバランス。サクッとした食感の後に、ほくほく&いい酸味、いろんな味がほどよくグラデーションでくる。「和食屋のお惣菜」というけど、この完成度リピ必至である。

特製一饗コロッケ
410円(1個)

コンパクトサイズの中にいろいろな味がバランスよく入っている

生ハムのおにぎり
734円

〆に欠かせないのがこちら。お米とハムの塩気の旨さ、具にはなんとうなぎ!

総州古白鶏九条ねぎソース
1468円

上喜元「こぶし」超辛口特別純米
972円

山形県酒田、上喜元の蔵元が出す超辛口。キレがいいけどしっかり味はのって、サクッと揚がったコロッケとの相性も申し分なしだ

一饗の店舗情報

東京都目黒区上目黒2-10-7 アサミビル1階 [TEL]03-5768-1819 [営業時間]18時~23時45分LO(土・祝23時LO) [休日]日・第3月曜不定休 [席]カウンター8席、テーブル14席全22席/全席喫煙可/予約可(電話にて)/カード可/サなし [交通アクセス]東急東横線・地下鉄日比谷線中目黒駅東口から徒歩5分

電話番号 03-5768-1819
2017年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
昭和28年からという年季の入った建物。その前は深川の酒屋で角打ちというところから数えて現在は4代目。
同じ学芸大学で人気店『ワイン食堂レインカラー』を手掛ける店主の手島さんは、「近所の友人たちに毎日でも通ってもらえるような店を作りたかった」と話す。そこで考えたのが、気軽な価格で立ち飲みもできる大衆酒場だったという。
オシャレな街・中目黒で見つけたちょっとクールな焼きとん屋……なのだけど、出てきた逸品は昭和の王道をいく煮込み。素朴な面持ちのジャガイモがごろりと入り、モツはむっちりふわふわ、やわらかくとろけていく。
女将の越野 舞さんは飯田橋の人気店『ル ジャングレ』で活躍したお燗番。ふんわり優しく仕上げたお燗酒に定評がある。
渋谷を代表する大衆酒場『富士屋本店』。昨年、再開発のため45年の歴史に幕を下ろした。
最新記事
ガッツリ食べたいときも、年末年始でお疲
れ気味のときも、どんと来いなのがこちら。「大阪讃岐うどん」の旗手が提供するのは、茹で置きは一切しない、釜抜きでむっちりとした食感が魅力のうどん。
ここでいきなりクイズです。本記事で紹介する9つの丼はどこのものでしょうか? 正解は記事の最後をご覧ください。店名なんて先入観を捨て、まずは価格と写真を見よ!
美しい彩りに気分が高まる盛り合わせ丼。全体的に薄衣で軽いが、衣の味をしっかりと感じられ、サクッとした歯触りも小気味いい。
人気のサバ缶に新たな商品が登場。それも恐らく業界初という。以前紹介したチョコのサバ缶とはまた違う異色なもの。一体どんな味なのか、サバジェンヌが実食しました。
ウイスキーの新しい可能性を探るカクテル、“ウイスクテイル”を広めているのが、店主の静谷さん。日本に9人しかいないマスター・オブ・ウイスキーのひとりだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル