SNSで最新情報をチェック

京都の老舗店『本家第一旭』の二号店が神保町に進出。具・麺の食感とスープの香りが一体となった美味なるラーメンをご紹介します!

画像ギャラリー

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

チャーシュー麺1000円
丼を覆うチャーシューの花びらに目を奪われる。麺は細くてもコシのあるストレート麺で、すすり心地も最高だ。緑豆モヤシも食感のアクセント

具と麺の楽しき食感とキレのある豚骨スープが記憶に残る老舗の味

京都を代表する老舗が新宿に進出し話題をさらったのが2018年のこと。そうして2021年末、東京2号店をここ神保町に構えた。特徴のひとつが丼に散りばめられたスライスチャーシュー。

ラーメン800円(+トッピング三種200円)
どっさりの京都産九条ネギで食感も香りもアップ!

これでコシの強い麺や、どっさり乗った九条ネギを包んで一緒にすすれば、食感や味わいが代わるがわるにやってきて、噛む度に旨さが増す仕掛け。とは言ってもスープがなくちゃ始まらない。メスの豚ゲンコツに加えて肩ロース、バラ、ウデ肉を大釜でグラグラ炊いてエキスを搾り出す。濃厚なコクに醤油のキレが合わさって、箸が自然と加速していく。

ヤキメシ(並)650円
神保町店だけの限定メニュー。ラーメンタレで炒めた香ばしさが堪らない。平日15時まで半チャーハンセットも
旨さのポイント
京都産の生醤油が濃厚スープと相性抜群
京都・伏見の老舗メーカーから届く生醤油がベース。このタレによってキレを持たせ濃厚なのにクドさのないスープを仕上げている

『本家第一旭 神保町店』の店舗情報

本家第一旭 神保町店

[住所]東京都千代田区神田神保町2-48-2 [TEL]非公開 [営業時間]11時~22時(21時45分LO)、日11時~18時(17時45分LO) [定休日]無休 [交通]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A4出口から徒歩3分

撮影/西﨑進也 取材/菜々山いく子

2022年2月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...