SNSで最新情報をチェック

ベストチョイスのほか意外なペアリングも 診断の面白さに納得

診断の結果、後日届いたのは、白ワインに合うおつまみとして「干美蜜柑/ゆず胡椒三河えびせん/ブラックペパービンズ」。一方、洋酒には「枝付レーズン/濃厚チーズせんべい/市松焼うに」でした。

好物のドライフルーツとお酒を飲むときに欠かせない塩辛いせんべいというバランスの良さはまさに、ベストチョイス。一方で、うにとウイスキーとは一見、意外なペアリングのよう。ふだんお目にかかれないうにの珍味に思わず顔がほころびます。興味津々、さあ、お酒と一緒に味わってみることにしましょう。

まずは、フルーティーな北海道産「おたるワイン」のお供に、ゆず胡椒がきいたえびせんをサクッ。ゆず胡椒のキリッとした舌触りが、ぶどうの甘みにシャープなコントラストを与えてくれます。ブラックペパーと太白胡麻油という黄金コンビで味付けされたそら豆は、隠し味に鰹と昆布、ガーリックが使われているこだわりよう。こちらも相性抜群です。

お次は、お酒がそれほど強くない筆者に夫が用意してくれたテネシーウイスキー「ジャックダニエル」のコーラ割りと、期待大の焼うにをいただきます。香ばしいうにの旨味がぎゅっと濃縮され、ほろっと舌の上でとろけるような食感にいつもよりお酒が進みます。

おつまみの感想記入で精度向上 継続すればするほどに自分好みにマッチ

さすがは、目利きのセレクト。どれもこれも、素材に製法にこだわっただけあって、とても質の高い仕上がりとなっており、名脇役としてのおつまみを主役級に引き上げています。もっと言えば、お酒と合わせなくとも、極上の味を楽しめます。おつまみ3種で2人前といったところでしょうか。上質な味わいは少量でも満足感があります。

AI診断によるおつまみのサブスクには、買い物に行って選ぶ手間が省けるほか、余計なバイアスがかからないため、意外な美味しさに出会えるという利点もあります。さらに商品の感想をアンケートで答えると、次回以降の参考としてデータが蓄積・更新され、それぞれの好みによりマッチした商品が届けられるそうです。まさに、AIのなせるワザ。毎月何が届くのか、斬新なサブスクはおつまみ選びに風穴を開けてくれること、ウケあいです。スタートダッシュをかけて乗り切った週の休日は、上等な味をお供にゆっくり充電してはいかがでしょう。

AI診断の結果、届いた6種のおつまみ。どれもこれも作り手のこだわりがつまっている

ご褒美おつまみ定期便「nohaco(ノハコ)」
月額3680円(おつまみ6種入り1箱/月1回、送料無料)
※北海道・沖縄は別途送料200円
月末までの注文で翌月からスタート。毎月10~15日頃にお届け予定
その他詳細に関しては、公式サイトをご確認ください。 https://nohaco.jp/

文・撮影/中島幸恵

icon-gallery
icon-prev 1 2
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

中島幸恵
中島幸恵

中島幸恵

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。5月15日発売の6月号では、「うまくてエモい!…