MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】龍叶苑 麻布店(焼肉/麻布十番)|多様な肉を少しずつ食べたいそんな乙女心に応えてくれる

【閉店】龍叶苑 麻布店(焼肉/麻布十番)|多様な肉を少しずつ食べたいそんな乙女心に応えてくれる

 あんなにカルビが大好きだったのに、最近はハラミとロースばかり注文している、そんな私を救ってくれた焼肉店。こちらの「おまかせコース」は、国産黒毛和牛の肉が1部位ひと切れずつ11種出される。

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】龍叶苑 麻布店(焼肉/麻布十番)|多様な肉を少しずつ食べたいそんな乙女心に応えてくれるの画像をチェック! navigate_next

【閉店】龍叶苑 麻布店(最寄駅:麻布十番駅)

その一つひとつにバジルバター、白トリュフ塩、特製タレと本ワサビなど肉に合わせた調味料が付くので、全く飽きが来ない。その上、最後に一番好きだった肉をもう1枚リクエストできるというおまけ付き! この最後の1種を迷う時間がまた楽しい。「焼肉食べたいけど、ちょっと重いよね」と言っている方を引っ張って行きたいお店だ。

おまかせコース
6000円(料金は1人前。写真は2人前)

写真は2人前。肉は部位毎にその時々の質のいいものを仕入れる。岩手県の前沢牛がメイン。カイノミとフレッシュレモンのようなさっぱり系の組み合わせから、味噌ダレのリードボーという濃厚系まで、さまざまな味を満喫できる。この日の本日のお刺身は、低温調理したタンとハツ。〆は鶏ガラベースでショウガの利いた、具無し冷麺でさっぱり

龍叶苑特製ビビンバ
1000円

自家製の牛しぐれ入りナムル、大根の酢漬け、山菜の煮物がたっぷりのビビンバも自慢だ

【閉店】龍叶苑 麻布店

東京都港区南麻布2-5-21 丸善ビル2階 [TEL]03-3457-0386 [営業時間]17時~翌5時(翌4時半LO)、日・祝17時~23時(22時半LO) [休日]無休 [席]テーブル4席×4卓、6席×2卓、8席×1卓 個室8席×1卓 計44席/全席喫煙可/カード可/予約可/サ10%別 [交通アクセス]地下鉄南北線ほか麻布十番駅2番出口から徒歩5分

電話番号 03-3457-0386
2017年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
好きな肉を好きな焼き加減で気軽に楽しむひとり焼肉。コロナ禍でますます需要が高まると共に人気も集めているという。入りづらい、いろいろ食べられない……実際に足を運ぶと、そんな 不安を吹き飛ばすかのようなパラダイスだった! ※取材は2020年2月に行っています。
和牛にこだわり続けて45年以上という老舗焼肉店が、江東区に初進出。もちろん、使用するのは市場にほぼ出回らない希少銘柄・増田牛をはじめ、全国から選りすぐった雌の黒毛和牛だ。
肉は自社の生肉卸から仕入れるため、質と鮮度はもちろん価格も魅力的。肉のプロフェッショナルである店主が、状態を見極め、その日最高の逸品を提供する“おまかせコース”でその実力を体感しよう。
歯を押し返す弾力ある肉をグッと噛み切れば赤身肉独特の芳醇な香り、肉汁が口に広がっていく。「むぅ、旨い」思わず声が漏れてしまう。
部位ごとの特性を生かし甘みや旨みを最大限に引き出した奥深さを堪能できるタン!
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル