MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
【閉店】龍叶苑 麻布店(焼肉/麻布十番)|多様な肉を少しずつ食べたいそんな乙女心に応えてくれる

【閉店】龍叶苑 麻布店(焼肉/麻布十番)|多様な肉を少しずつ食べたいそんな乙女心に応えてくれる

 あんなにカルビが大好きだったのに、最近はハラミとロースばかり注文している、そんな私を救ってくれた焼肉店。こちらの「おまかせコース」は、国産黒毛和牛の肉が1部位ひと切れずつ11種出される。

【閉店】龍叶苑 麻布店(最寄駅:麻布十番駅)

その一つひとつにバジルバター、白トリュフ塩、特製タレと本ワサビなど肉に合わせた調味料が付くので、全く飽きが来ない。その上、最後に一番好きだった肉をもう1枚リクエストできるというおまけ付き! この最後の1種を迷う時間がまた楽しい。「焼肉食べたいけど、ちょっと重いよね」と言っている方を引っ張って行きたいお店だ。

おまかせコース
6000円(料金は1人前。写真は2人前)

写真は2人前。肉は部位毎にその時々の質のいいものを仕入れる。岩手県の前沢牛がメイン。カイノミとフレッシュレモンのようなさっぱり系の組み合わせから、味噌ダレのリードボーという濃厚系まで、さまざまな味を満喫できる。この日の本日のお刺身は、低温調理したタンとハツ。〆は鶏ガラベースでショウガの利いた、具無し冷麺でさっぱり

龍叶苑特製ビビンバ
1000円

自家製の牛しぐれ入りナムル、大根の酢漬け、山菜の煮物がたっぷりのビビンバも自慢だ

【閉店】龍叶苑 麻布店

東京都港区南麻布2-5-21 丸善ビル2階 [TEL]03-3457-0386 [営業時間]17時~翌5時(翌4時半LO)、日・祝17時~23時(22時半LO) [休日]無休 [席]テーブル4席×4卓、6席×2卓、8席×1卓 個室8席×1卓 計44席/全席喫煙可/カード可/予約可/サ10%別 [交通アクセス]地下鉄南北線ほか麻布十番駅2番出口から徒歩5分

電話番号 03-3457-0386
2017年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
50gずつ注文できる焼き物に、直径10㎝の小型スキレットを駆使したアヒージョやチーズフォンデュなどのつまみ類。スペインバルのタパスがごとく、少量ずつ色々試せる、まさにひとり焼肉&飲みにぴったりの1軒なのだ。
希少部位の握りに、目の前で炙った赤身の七輪焼き。とび切りの黒毛和牛をハイコスパで味わうならば、ここを訪れるべし!
神田駅西口にある予約のとれない人気焼肉店が3月にオープンさせた、個室主体の2号店。芝浦市場の問屋から仕入れる上質な黒毛和牛を手頃な価格で味わえる。
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
極上の赤身肉とワインが豊富な『焼肉キンタン』。その麻布十番店だけにしかないのが「シャトーブリアンサンド」。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
3317views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。
2017年に鎌倉でスタートし、この6月に渋谷に進出したばかりのニューフェイス。ボリューム満点のステーキは、ご覧の2種のほか、サーロインと赤身部位をミックスしたラフカットの計4種を揃えている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt