MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
グリル佐久良|トロトロッの牛バラ肉が笑っちゃうほど入ってます(洋食/浅草)

グリル佐久良|トロトロッの牛バラ肉が笑っちゃうほど入ってます(洋食/浅草)

 創業50年の老舗洋食店。先代のシェフが考案した昔ながらの味を、孫娘である優花さんが忠実に守り続けている。

perm_media 《画像ギャラリー》グリル佐久良|トロトロッの牛バラ肉が笑っちゃうほど入ってます(洋食/浅草)の画像をチェック! navigate_next

グリル佐久良(最寄駅:浅草駅)

それぞれの料理にファンがいるが、私が好きなのはビーフシチュー。ほろりと崩れるとろとろの食感、口に広がる肉の旨みと脂の甘み……。ひと口目から感動が押し寄せるが、“これでもか!”とばかりに肉が盛られているため、食べる度に幸せが増幅していく。併せて注文したいのが厚切りトースト。ほかほかに焼きあがったパンに、コクのあるシチューをたっぷりしみ込ませて食べるのが常連流だ。普段は断然ライス派の私も、この店だけはつい浮気に走ってしまう。

ビーフシチュー
2400円

上質な信州牛のバラ肉を使用。厚めに切られた肉は、箸で持てないほど柔らかく煮込まれている

カニクリームコロッケ
1800円

ふわふわに揚げられたこぶし大のクリームコロッケ。牛乳のやさしい甘みが生きたベシャメルソースには、旨みの強いズワイガニと食感にインパクトのあるタラバガニを混ぜている

厚切りトースト
300円

キメの細かい生地にバターがじゅわりとしみた絶品トースト。注文ごとにオーブンで焼くため、外はカリッ、中はふっくら! 湯気と共にバターの芳醇な香りが立ち上る

グリル佐久良

■『グリル佐久良』
[住所]東京都台東区浅草3-32-4
[TEL]03-3873-8520
[営業時間]11時半~13時45分LO、17時~19時45分LO ※ランチタイム有
[休日]火曜日、水曜日
[座席]カウンター8席、テーブル8席 計16席/全席禁煙/カード不可/予約不可/サなし
[アクセス]地下鉄銀座線浅草駅6番出口から徒歩15分

電話番号 03-3873-8520
2017年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
世界三大料理のひとつトルコ料理だが、その楽しさを知らない人は多いはず。そんな人は来ないと損だ。
1977年開業のカジュアルイタリアン。一度聞いたら忘れられない店名は、オランダにある実在の地名である。
容姿端麗なカツは着飾った憧れのお姉さんといった風情か。遠山シェフの故郷、熊本の天草ポークを使い、瑞々しさをキープするためオーダー後に塊肉から切り出して調理する。
清潔な調理場とコックの働きを見て、「(これなら、うまいだろう)と、おもい、私は入って見たわけだが、期待は裏切られなかった。」と著書に記したのが池波正太郎。まさにその通り、何を食べてもたいそう旨いのである。
戦後まもなく屋台の飴屋からスタートし、洋食に転向しておよそ半世紀。大塚っ子に愛される味は気取らず変わらず健在だ。
最新記事
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
みなさん、お正月におせちは召し上がっていますか? お重に詰まっているのは、一つひとつにその1年の幸せを込めた意味が付いた、日本の心であるお料理たち。大切に紡いでいきたい文化の一つです。そのおせち、デパートでは早くも来年の商品が予約開始。どうするか悩んでいる方、必読ですよ。
店主・本山さんが育った町名を冠した店のイチ押しは、郷里・北海道の白2種と赤1種をブレンドした味噌ラーメン。コクある甘みにラードで炒めたニンニクと玉ネギの香ばしさがふわり漂うスープは、濃厚そうな見た目とは裏腹に、実にやさしい味わいだ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。1970年代に「柳ジョージ&レイニーウッド」を結成し、「雨に泣いてる…」などのヒットで熱狂的な人気を誇ったロック歌手でギタリストの柳ジョージ(1948~2011年)の最終回。“夜聴き”にぴったりな世界の曲を集めた『レイト・ナイト・テイルズ』シリーズが人気です。海外の有名ミュージシャンが案内人となり、オススメの楽曲を選ぶコンピレーションアルバム。今回は、日本から柳ジョージの原点とも言うべき曲が収録されました。
get_app
ダウンロードする
キャンセル