MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ウィーン菓子工房 リリエンベルグ|ここのお菓子は、どなたにも自信を持って贈れます!(スイーツ/新百合ヶ丘)

ウィーン菓子工房 リリエンベルグ|ここのお菓子は、どなたにも自信を持って贈れます!(スイーツ/新百合ヶ丘)

私が小学生のころから訪れている洋菓子店。定番のザッハトルテ、初夏の桃のケーキ、秋のモンブラン、冬のシュトーレンなど、生ケーキ、焼き菓子共に上品な甘さで絶品。

perm_media 《画像ギャラリー》ウィーン菓子工房 リリエンベルグ|ここのお菓子は、どなたにも自信を持って贈れます!(スイーツ/新百合ヶ丘)の画像をチェック! navigate_next

ウィーン菓子工房 リリエンベルグ(最寄駅:新百合ヶ丘駅)

1988年に開業し地元で評判の店からたちまち全国区の有名店になったが、それでもここ以外に支店は作らず、生ケーキは一切冷凍仕込みをせず出来たてを出すという誠実さにも感服。駅から少し遠いが、ぜひ足を運んで欲しい。

ミックスクッキー
1728円

小ぶりなボックスに10種ほどのクッキーがぎゅっと入った詰め合わせ。手土産にも自宅用にもオススメだ。さくっとした歯触り、ナッツの香り高さ、木イチゴのジャムの甘酸っぱさなど、一つひとつじっくり楽しんでいただきたい

ウィーン菓子工房 リリエンベルグ

神奈川県川崎市麻生区上麻生4-18-17 [TEL]044-966-7511 [営業時間]10時~18時 ※ランチタイム有 [休日]火、第1・3月 [交通アクセス]小田急線新百合ヶ丘駅南口から徒歩15分 ※喫茶あり(平日のみ営業)、焼き菓子の取り寄せは[TEL]またはFAX(044-954-0115)で受け付け

電話番号 044-966-7511
2017年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
先日「うどん弁当」を発表し、ネット・SNSを中心に話題を集めた『丸亀製麺」。次の一手はなんと「ドーナツ」!! しかもうどんを使ったものだということで、買いに行ってみました。
“飲むチーズケーキ”とは、その名の通り、チーズケーキをドリンクにしたもの。2018年頃にSNSに登場し、2019年に入って飲める店が一気に増えた。
美しい色合いが目を引くボンボンショコラの「柚子」を食べると、口の中でパーンと弾けるユズの香りと果汁。そのすぐあとに感じるチョコレートはキレがよく軽やか。
フレンチの巨匠、アラン・デュカス氏のショコラ専門店。1階はタブレットやボンボンが整然と並んだブティック、中2階のル・サロンではデザートやドリンクを楽しめる。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル