MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ウィーン菓子工房 リリエンベルグ|ここのお菓子は、どなたにも自信を持って贈れます!(スイーツ/新百合ヶ丘)

ウィーン菓子工房 リリエンベルグ|ここのお菓子は、どなたにも自信を持って贈れます!(スイーツ/新百合ヶ丘)

私が小学生のころから訪れている洋菓子店。定番のザッハトルテ、初夏の桃のケーキ、秋のモンブラン、冬のシュトーレンなど、生ケーキ、焼き菓子共に上品な甘さで絶品。

ウィーン菓子工房 リリエンベルグ(最寄駅:新百合ヶ丘駅)

1988年に開業し地元で評判の店からたちまち全国区の有名店になったが、それでもここ以外に支店は作らず、生ケーキは一切冷凍仕込みをせず出来たてを出すという誠実さにも感服。駅から少し遠いが、ぜひ足を運んで欲しい。

ミックスクッキー
1728円

小ぶりなボックスに10種ほどのクッキーがぎゅっと入った詰め合わせ。手土産にも自宅用にもオススメだ。さくっとした歯触り、ナッツの香り高さ、木イチゴのジャムの甘酸っぱさなど、一つひとつじっくり楽しんでいただきたい

ウィーン菓子工房 リリエンベルグ

神奈川県川崎市麻生区上麻生4-18-17 [TEL]044-966-7511 [営業時間]10時~18時 ※ランチタイム有 [休日]火、第1・3月 [交通アクセス]小田急線新百合ヶ丘駅南口から徒歩15分 ※喫茶あり(平日のみ営業)、焼き菓子の取り寄せは[TEL]またはFAX(044-954-0115)で受け付け

電話番号 044-966-7511
2017年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
紀伊國屋書店新宿本店の通路に店を構え、気軽に立ち寄りやすいこちら。夕方からはサラリーマンを中心ににぎわっている。
有楽町の人気アンテナショップ選りすぐりの国産素材を集結させた、珠玉のソフトクリーム。千葉県の牧場で搾乳・加工されて36時間以内に有楽町の店舗に届けられるソフトクリームは、“都内イチの鮮度”でミルク感が強いのが特徴だ。
2018年7月オープン。自然食を扱う会社が京都で立ち上げたジェラテリアの東京初進出店で、すべて合成乳化剤・安定剤フリー。
スッキリと甘い“スキアマ”をキャッチフレーズに、昨年秋に台湾から日本上陸。東方美人、鉄観音など本国から随時レシピを受け継ぎ、現在は約20種類のフレーバーから1日2種類を週替わりで提供する。
代々木上原の『パティスリー ビヤンネートル』でパフェを担当していた馬場麻衣子さんが、パフェのためのジェラートも作りたいと2017年3月オープン。両店の試作を行うラボ的存在でもある。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
3291views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。
2017年に鎌倉でスタートし、この6月に渋谷に進出したばかりのニューフェイス。ボリューム満点のステーキは、ご覧の2種のほか、サーロインと赤身部位をミックスしたラフカットの計4種を揃えている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt