MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
知喜多(鉄板焼き/蒲田)|対面カウンター席で鉄板焼きを味わう贅沢

知喜多(鉄板焼き/蒲田)|対面カウンター席で鉄板焼きを味わう贅沢

休日はゆったり贅沢気分を味わいたい―。そんな時、蒲田近辺で探すならこの店はいかが。

知喜多 蒲田駅前店(最寄駅:蒲田駅)

駅前の喧騒を忘れさせる重厚な空間、供されるのは上質な国産牛や旬の鮮魚など極上の鉄板焼きコース……とくれば特別感満載。ことに「シェフのおすすめディナー」は前菜から魚料理、ステーキ、デザートまで、驚くほど充実の内容だ。しかも目の前の鉄板で、この道30~40年になる料理人の華麗な手さばきを眺めつつ優雅な食事を楽しめるなんてサイコー! 2000円台からあるランチもお得。

シェフのおすすめディナー
5950円

メインの国産牛ステーキ(120g)はフィレかサーロインを選べる。写真はサーロイン。脂身が多い部分は食べやすいよう小さくカットし、こんがり焼いてつまみとして添えてくれる。この日の魚料理はカジキマグロのムニエル。野菜や果物の仲卸が経営母体のため、焼き野菜やデザートに使う食材の質も上質

シェフのおすすめディナーコースより

コース内容は日によって変わる。フカヒレを使った洋風茶碗蒸しなど大満足のクオリティと量だ

お店から一言

ランチも目の前の鉄板で調理します。
店長・佐藤栄司さん

知喜多 蒲田駅前店

[住所]東京都大田区西蒲田7-66-2 ランズビル3階
[TEL]03-3730-3321
[営業時間]11時~14時半LO、17時~21時半LO ※ランチタイム有
[休日]無休
[座席]カウンター46席、計46席/昼は全席禁煙、夜は喫煙可/予約可/カード可/サなし
[アクセス]JR京浜東北線ほか蒲田駅西口から徒歩1分

電話番号 03-3730-3321
2017年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
近江牛に仙台牛、オマール海老、アワビ、産直の旬の鮮魚、種類豊富なヨーロッパ野菜……。これら一流の食材を鉄板で豪快に焼き上げるのが『伊達』の一番の醍醐味だ。
甘みが際立つレバーに絡むタレ、ニラの香り、さらに白いご飯との相性が悶絶必至の旨さ!
 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。
 東京もんじゃと言えば月島だが、もっと安くてウマい“荒川(区の)もんじゃ”をご存知だろうか。味付き挽き肉と乾物のきりイカが入るのが特徴で、焼く前にウスターソースで味付けする。
 代々木八幡の大人気ポルトガル料理店『クリスチアノ』の佐藤幸二氏が新たに手がけたのは、惣菜ともんじゃの店だ。「惣菜を買える街場の店を出したい」開店。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt