MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
桜なべ 中江(馬肉料理/三ノ輪)-明治から続く伝統の鍋

桜なべ 中江(馬肉料理/三ノ輪)-明治から続く伝統の鍋

三ノ輪の馬肉料理店「桜なべ 中江」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。「桜なべ 中江」は創業112年の老舗。関東大震災の翌年に建てられた現店舗は文化庁の「有形文化財」にも登録され、大正建築の風情を今に伝えている。[住所]東京都台東区日本堤1-9-2

桜なべ 中江(最寄駅:三ノ輪駅)

明治から続く伝統の鍋を有形文化財の店内で食す

久留米の契約牧場で『中江』専用に長期間かけて育てられた馬肉は、力強い旨みと芳醇な脂がのる。それを一子相伝の味噌ダレをといた割り下で煮て食すのが、明治から守り続ける味だ。週末と祝日のみ昼から営業しており、日の高いうちからこの鍋に舌鼓を打ちながら、ゆったり酒盃を傾ける贅沢な時間を過ごせる。

桜なべロース
2280円

赤身のロースはさっと煮て、脂身はじっくり割り下をしみ込ませて食すのがおすすめの食べ方だ。〆には馬肉の旨みたっぷりの割り下に生卵をとき入れ、ふんわり火が通ったところをご飯にかける「あとご飯」(+680円)もぜひ堪能したい

タロタロユッケ
1480円

常連だった岡本太郎の要望から生まれた名物料理で、新鮮な生の馬肉を醤油ベースのタレで和えユッケ風にいただく

桜なべ 中江の店舗情報

[住所]東京都台東区日本堤1-9-2 [TEL]03-3872-5398 [営業時間]17時~22時(21時半LO)、土・日・祝は11時半~21時(20時半LO) ※ランチタイム有 [休日]月 [席]座敷1階30席、2階50席 計80席/禁煙席あり/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄日比谷線三ノ輪駅3番出口から徒歩8分

電話番号 03-3872-5398
2017年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ザクッと香ばしい衣の中から現れるのが、とろ~り口どけのいいお肉。人生で幾皿ものトンカツに出合ってきたけど、こんなの初めて! 
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
宮城グルメの代表選手といえば仙台牛タンだが、この店のタンの、霜降り具合とジューシーさたるや……! ぶ厚い熟成タンの炭火焼きをはじめ、茹でても揚げても、しゃぶしゃぶにしても最高。
銀座でランチの約束が入ったら、まずはここを押さえるべし。仲買人が営む和食店で、主に北陸の漁場から届くとび切りの海の幸を引っさげ約1年前にお目見えした。
昭和35年創業というから60年近く続く、なんとも気取りがない定食屋の味を、ご主人・山岸さんが守っている。そのとん汁がまた、家庭的とも言えるほっとする旨さ。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt