MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】酔っぱらい蟹など多彩な上海ガニ料理を堪能(広東料理/横浜中華街)

【閉店】酔っぱらい蟹など多彩な上海ガニ料理を堪能(広東料理/横浜中華街)

「六鳳居 (ロクホウキョ)」の看板メニューは「酔っぱらい蟹」。その名の通り、上海ガニを生きたまま紹興酒ベースの調味料に漬けたもの。酒と調味料により旨みがさらに熟成した身は甘みがあり、濃厚なミソは悶絶級の旨さだ。[交]元町・中華街駅2番出口から徒歩7分、石川町駅北口から徒歩5分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】酔っぱらい蟹など多彩な上海ガニ料理を堪能(広東料理/横浜中華街)の画像をチェック! navigate_next

【閉店】六鳳居
横浜中華街

酔っぱらい蟹 1杯
3130円~

上海蟹を紹興酒に漬け込む期間は3週間以上。ときには2ヵ月以上漬けることもあるそう、濃厚なミソは悶絶級の旨さだ。

この他、定番の「蒸し蟹」(オス・メス1杯ずつ 4300円~)をはじめ、ぶつ切りのカニをネギや生姜と炒め、ミソと絡めたソースが絶品の「香味炒め」など、上海ガニ料理は全9種。酔っぱらい蟹は通年メニューだが、他は春節(中国の旧正月で2月頃)まで。上海ガニのコースも多数揃う。

上海蟹 香味炒め
1杯 3130円~

豪快にかぶりついて食べたい。上海ガニは、水質の安全な産地湖の活きガニを中国から空輸する

【閉店】六鳳居
横浜中華街

神奈川県横浜市中区山下町146 ☎045-681-0664 [営]11時半~15時半、17時~21時LO、土・日・祝11時~21時LO [休]木 [席]1階テーブル2席×2卓、4席×5卓、2階テーブル9席×2卓 計42席/全席禁煙(喫煙スペース有)/カード不可/上海ガニは予約が望ましい。席の予約は平日のみ可/サなし [交]みなとみらい線元町・中華街駅2番出口から徒歩7分、JR根岸線石川町駅北口から徒歩5分 ※ランチタイム有

電話番号 045-681-0664
2015年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
丼の中にあったかいスープ、上には野菜がどっさり。それをどけて持ち上げた麺からは湯気がふわ~っ。ハフハフしながら食べるタンメンは、どこか昭和を感じさせます。そんなノスタルジックな気持ちにさせてくれる5杯をお届けします。
そもそも「焼飯」とは何か、チャーハンと何が違うのかという話がありますが、メニューに「焼飯」と書かれた料理は数少なく……。その上、「ソース焼飯」ときた。この謎のメニューを追跡。実態を調べてみました。
横浜といえば、焼売。多くの店で食べられます。崎陽軒をはじめ、お土産としても名高いです。そんなハマの焼売がいつから愛されてきたのか。そのルーツをもとめて“シウマイ”の店を巡りました。
新幹線が止まるターミナル駅ながら、駅ビルにビックカメラや高島屋があるなど、実は生活に密着し、機能的な新横浜。そこで、横浜土産といえば、やっぱりコレ! なテイクアウトできる全焼売を食べ比べてみた。
飯田橋の四川料理店「芊品香 別館」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。餃子は皮を極限まで薄くするなど、試行錯誤を重ねて現在の味にたどり着いた、店主渾身の餃子。三元豚の挽肉をオイスターソースや胡椒などの調味料で旨みを引き出し、ジューシーに仕上げた餡が絶品だ。[住所]東京都千代田区富士見1-7-6
最新記事
店主・岸本香奈子さんが以前働いていたイタリアンレストランのデザートで人気だったチーズケーキ。レストラン閉店に伴い、岸本さんはこのケーキを引き継ぎたい、とこの店をオープンした。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
1977年開業のカジュアルイタリアン。一度聞いたら忘れられない店名は、オランダにある実在の地名である。
5回に渡って愛知からお伝えしてきた、この夏おすすめの極上の“冷んやり体験”。最後は、豊田市の山間部、旭地区に位置する『カントリーレストラン 渓流荘』を紹介しよう。
名古屋めしで欠かせないもののひとつといえば、きしめん。中でも暑い夏には、地元の人が“きしころ”と呼ぶ、冷やしきしめんがおすすめだ。大正12年創業。数々ある店の中でも美味しさに定評のある『宮きしめん』で味わうべく、店舗のある熱田神宮を訪れた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル