MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
深川ワイナリー東京|昼は醸造所を見ながら試飲・販売、夜はワインバーとして堪能(ワインバー/門前仲町)

深川ワイナリー東京|昼は醸造所を見ながら試飲・販売、夜はワインバーとして堪能(ワインバー/門前仲町)

下町うまいもんグルメ散歩!門前仲町特集掲載店。住宅街にオープンした地元密着型ワイナリー。都内で醸造タンクを眺めながらワインが飲める希少なスペースだ。

perm_media 《画像ギャラリー》深川ワイナリー東京|昼は醸造所を見ながら試飲・販売、夜はワインバーとして堪能(ワインバー/門前仲町)の画像をチェック! navigate_next

深川ワイナリー東京(最寄駅:門前仲町駅)

年間生産数は2万本、夏は国産ブドウ、冬はオーストラリア産のブドウを使い、ここで、造ったワインの試飲と販売、17時以降はワインと料理を楽しめるスペースとして営業している。醸造を担当するのは、醸造歴18年、無濾過ワインのエキスパートの上野浩輔さん。彼は通常のワイン造りの作業を行う他、夜はバーフロアにいるので、醸造に関する話を聞くこともできる。さらに本格的に醸造見学をしたい場合は、土・日・祝日に予約を。13時~と15時~の1日2回、醸造スペースでの説明や試飲サービスが受けられる。定員は各回20名まで。

ビーフストロガノフとバターライス
500円

料理は基本的にワンコイン。肉メインで、白、赤どちらにも合うようにシェフの岡澤さんがメニューを考案している

つくば鶏の自家製ガランティーナ
500円

山形産マスカットベリーA(赤)
無濾過20ml100円、40ml200円、60ml300円、小売ボトル2100円

17時までの試飲用グラス。写真は20ml。ワインは食べ物に合う辛口のものが多い。同じワインで無濾過と濾過の飲み比べもできる

深川ワイナリー東京

[住所]東京都江東区古石場1-4-10 高畠ビル1階 [TEL]03-5809-8058 [営業時間]月・火10時~18時、水~日・祝10時~22時(食事は17時~21時半LO) [席]カウンター9席 計9席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、チャージ200円別(17時~) [交通アクセス]都営大江戸線ほか門前仲町駅4番出口から徒歩5分

電話番号 03-5809-8058
2017年5月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
147年続く老舗ハンコ屋がオープンさせたワインバー。女性ひとりでも入りやすい雰囲気ながら、日本やフランスのワインが200種以上揃うなど、かなり本格的。
創業から130年を経た『明治屋』が、昨年末に開業した新たな商業施設「京橋エドグラン」に、その長い歴史で初めてとなる直営ワインバーを出店した。4台の異なる温度帯のセラーでコンディションを徹底管理されたボトルは、フランス産を中心に約100種類。
中野エリアのワインバー「ワイン蔵 BANKAN」のグルメ記事とおすすめメニューの写真。和の雰囲気の中で、真心あふれる料理と日本ワインを堪能するならここ。BANKAN=万感。日本ワインの魅力をもっと知ってもらいたい。
自慢のワインはボトル200種類以上、グラスも約15種類という品揃え。グラスだけでなく、デカンタにも3種セット(6600円)があるのがユニークだ。
自然派ワインが流行りの昨今、代表の有沢さんが最も心掛けていること―それは種類の豊富さでも希少な銘柄の品揃えでもない、徹底した品質管理だ。そのために温度と湿度の細かい調整や、劣化の原因となる紫外線を99.9%カットできるガラスなど特殊な設備の大型ワインセラーを導入。※ランチタイム有
最新記事
ゲンコツと背ガラ、豚足で炊く豚骨100%のスープは、近年稀に見るこってり度。どろりと濃厚、あえてざらつきを残してワイルドに仕立てているが、豚骨臭は皆無で驚くほどクセがない。
スープと同じくラーメンの味を左右する麺。自家製麺の店も増えているが、今回は業界を代表する 3つの製麺所に注目。『おとなの週末』ライター肥田木が取材しました。それぞれの麺作りの姿勢は……いやあ、こうも奥深いものとは。感動を呼ぶ(?)麺物語。今回は浅草開化楼!
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
get_app
ダウンロードする
キャンセル