MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
[東京チャイニーズ一凛]上海蟹のグルメ記事と写真(四川料理/新富町)

[東京チャイニーズ一凛]上海蟹のグルメ記事と写真(四川料理/新富町)

新富町で上海蟹ならココ!東京チャイニーズ一凛|生産者から旬の食材を直接仕入れ、齋藤宏文シェフがそれぞれの特性を生かした魅力的な料理に仕上げる。基本は中華ながら洗練された新しい味に出合える店だ。

perm_media 《画像ギャラリー》[東京チャイニーズ一凛]上海蟹のグルメ記事と写真(四川料理/新富町)の画像をチェック! navigate_next

東京チャイニーズ一凛(最寄駅:新富町駅)

上海ガニのメスとオスを使い分け、センス溢れたひと皿に

上海ガニひとつをとっても、山椒を効かせて爽やかな甘さに仕立てた紹興酒漬け、「カニミソの風味が生きるから」と中華麺ではなくパスタと和えた麺料理など、柔軟な発想がそこここに。今の時季は濃厚なミソが詰まった陽澄湖産のメスを使い、11月末からは身の大きなオスが登場。オスは、小龍包や蒸し蟹として楽しませてくれるという。好みを伝えておまかせで作ってもらうのがオススメだ。

酔っぱらい上海蟹 紹興酒漬け
3456円

活きた上海ガニを白酒の中で泳がせた後、約10日間漬け込んでいる。漬けダレには紹興酒と醤油に加え、たっぷりの山椒や粒コショウが隠し味に。ねっとりとした身と濃厚なミソの味わいが格別!

上海蟹と娃々菜の煮込み
2376円

上品な鶏ガラ主体のスープだが、カニミソとベビー白菜の自然な甘みが溶け出して深みのある味わいに。熱々の土鍋で供される

上海蟹のリングイネ
1944円

カニの身をほぐし、ミソや内子なども余すことなく使ったソースと、モチモチとした中太麺のパスタの食感がぴたりと合う。鶏ガラを軸に濃厚なカニミソがすべてのまとめ役になり、食べればカニの豊かな風味が口いっぱいに広がる

東京チャイニーズ一凛

東京都中央区築地1-5-8 樋泉ビル1階 ☎03-3542-6663 [営]11時半~14時LO、17時半~22時LO [休]日・祝、第1月 [席]カウンター5席、テーブル2席×1卓、4席×5卓 計27席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交]地下鉄有楽町線新富町駅1番出口から徒歩2分

電話番号 03-3542-6663
2015年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
「武蔵小山の夏の風物詩」と言われるとかないとか(?)のご覧の名物。冷水でキュッと締めた麺の上に片栗粉でカラリと揚げた熱々のエビが1、2、3……8個も! 
世の中にはさまざまな203号室があるけれど、このビルの203号は冗談抜きですごかった。何がってカフェ風の空間から想像もできない本格中華が店主の濵田さんによって夜な夜なふるまわれているから。
最新記事
20年前、私はひたすら世界を旅をしていました。南米から中米の旅を終えて、メキシコから国境を越え、いよいよ自由の国アメリカへ。テキサス州ヒューストンまでの夜行バスと図書館で遭遇した驚きのルールをご紹介します。
ハワイ名物から、オリジナルフードまで味わえるレストラン「ザ・アイランド」 1号店が12月2日、東京・銀座にオープンしました。現地定番の味や創意工夫を凝らしたメニューはもちろんのこと、ホテルのロビーのような洗練された店内も大きな魅力です。ゆったりとした時間が流れる優雅な空間で料理をいただけば、慌ただしい師走にあっても、南国ハワイにいるような自分だけのくつろいだ時間を送ることができるでしょう。
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
get_app
ダウンロードする
キャンセル