SNSで最新情報をチェック

新富町で上海蟹ならココ!東京チャイニーズ一凛|生産者から旬の食材を直接仕入れ、齋藤宏文シェフがそれぞれの特性を生かした魅力的な料理に仕上げる。基本は中華ながら洗練された新しい味に出合える店だ。

icon-gallery

東京チャイニーズ一凛(最寄駅:新富町駅)

上海ガニのメスとオスを使い分け、センス溢れたひと皿に
上海ガニひとつをとっても、山椒を効かせて爽やかな甘さに仕立てた紹興酒漬け、「カニミソの風味が生きるから」と中華麺ではなくパスタと和えた麺料理など、柔軟な発想がそこここに。今の時季は濃厚なミソが詰まった陽澄湖産のメスを使い、11月末からは身の大きなオスが登場。オスは、小龍包や蒸し蟹として楽しませてくれるという。好みを伝えておまかせで作ってもらうのがオススメだ。

酔っぱらい上海蟹 紹興酒漬け

3456円

活きた上海ガニを白酒の中で泳がせた後、約10日間漬け込んでいる。漬けダレには紹興酒と醤油に加え、たっぷりの山椒や粒コショウが隠し味に。ねっとりとした身と濃厚なミソの味わいが格別!

上海蟹と娃々菜の煮込み

2376円

上品な鶏ガラ主体のスープだが、カニミソとベビー白菜の自然な甘みが溶け出して深みのある味わいに。熱々の土鍋で供される

上海蟹のリングイネ

1944円

カニの身をほぐし、ミソや内子なども余すことなく使ったソースと、モチモチとした中太麺のパスタの食感がぴたりと合う。鶏ガラを軸に濃厚なカニミソがすべてのまとめ役になり、食べればカニの豊かな風味が口いっぱいに広がる

東京チャイニーズ一凛

東京都中央区築地1-5-8 樋泉ビル1階 ☎03-3542-6663 [営]11時半~14時LO、17時半~22時LO [休]日・祝、第1月 [席]カウンター5席、テーブル2席×1卓、4席×5卓 計27席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交]地下鉄有楽町線新富町駅1番出口から徒歩2分

電話番号 03-3542-6663

2015年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

admin-gurume
admin-gurume

admin-gurume

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…