MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ピーター(カレー/浅草)|紙芝居作家の壁絵を眺め50年変わらぬ味カレーの味に大満足

ピーター(カレー/浅草)|紙芝居作家の壁絵を眺め50年変わらぬ味カレーの味に大満足

下町うまいもん散歩 合羽橋~西浅草特集掲載店。昭和41(1966)年開店のこの店の名物は、ママの左東さんがルウから手作りするカレーライスだ。ニンジン、ジャガイモ、玉ネギが入った昭和の王道ポークカレーはスパイスが効いた辛口。

ピーター(最寄駅:浅草駅)

ひと晩寝かせるのがポイントで、出来立てだと「辛味が強すぎてダメ」だそう。宮内庁御用達『珠屋小林商店』のオリジナルブレンドを使用したコーヒーも香り高い。故・加太こうじ氏の描いた迫力ある壁画も必見。

カレーライス小盛り(コーヒーセット)
850円

小盛りでも十分なボリューム。セットに付く漬け物とスープもホッとする味

ピーター

■『ピーター』
[住所]東京都台東区西浅草3-13-1
[TEL]03-3844-5984
[営業時間]10時~23時(22時半LO)、祝12時~20時(19時半LO) ※ランチタイム有
[休日]日曜日
[アクセス]つくばエクスプレス浅草駅徒歩3分

電話番号 03-3844-5984
2017年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
カレーは「ポークキーマ」、「チキン」、「エビ」の3種類。メニューは1~3種のカレーが選べる「スリランカカレープレート」(1100円~)、今月のカレーと豆カレーなどが付く「鳩ノ森カレー」(1000円)がある。
ママの出身地大分の料理と、美味しいカレーを食べられる店なのです。カレーはもともと昼の人気メニューで、辞めちゃった人からママが受け継いだ味だとか。
骨付きスペアリブに、ごろっと大きな根菜類、スープの中には自家製豆腐も浮かんでいる。専門店が放つインパクト抜群の豚汁だ。
埼玉屈指のカレーの名店『negombo
33』@西所沢が、高円寺に姉妹店を開店。本店は営業時間が11時半~15時だが、こちらは21時まで営業。
キッチンカーからスタートして評判となり、2016年に開店。店主の伊藤さんは、バックパックでインドを訪れ、すっかりカレーの虜になってしまったとか。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt