MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ボガマリ・クチーナ・マリナーラ|その日のカニを、好みの調理法でいただく至福(イタリアン/北参道)

ボガマリ・クチーナ・マリナーラ|その日のカニを、好みの調理法でいただく至福(イタリアン/北参道)

「三ツ星カニ料理 洋食編」特集掲載店、「ボガマリ・クチーナ・マリナーラ」の ショーケースには、全国各地からその日届いたばかりの魚介類がズラリと並ぶ。そこから食材を選び、客の好みや素材に合わせた調理法で最高のイタリアンに仕立ててくれる。[交]北参道駅1番出口から徒歩1分、代々木駅西口から徒歩5分 ※ランチタイム有

ボガマリ・クチーナ・マリナーラ(最寄駅:北参道駅)

 ショーケースには、全国各地からその日届いたばかりの魚介類がズラリと並ぶ。そこから食材を選び、客の好みや素材に合わせた調理法で最高のイタリアンに仕立ててくれる。たとえば、北海道直送の毛ガニはシンプルかつ豪快なサラダやズッパに、極上のダシが出る渡りガニはリゾットに、という具合だ。季節によって、九州からアサヒガニ、高知や愛媛からはマッドクラブが届くこともあり、楽しみは尽きない。新鮮な素材の持ち味を生かした料理は力強く存在感に満ちて、しみじみと美味しい。

毛ガニのサラダ(1匹)
5200円

北海道産の活きた毛ガニの身とミソをほぐして和え、オリーブオイル、塩、レモンのみでシンプルに味付け。甲羅に詰めてイタリアンパセリとともに盛り付けた、軽やかにして味わい深いひと品。ベネチアではクモガニを使った同様のサラダがある。ハーフサイズ(1/2匹)2600円

渡り蟹のリゾット
2800円

イタリア米を使い、塩ゆでした渡りガニの旨み、魚介のアラや野菜からとったダシをゆっくり吸わせながら炊き上げた。カニの風味が際立ち、泣かせる旨さである

ボガマリ・クチーナ・マリナーラ

■『ボガマリ・クチーナ・マリナーラ』
[住所]東京都渋谷区千駄ヶ谷4-7-5
[TEL]03-6721-1858
[営業時間]11時半~15時、18時~24時
[休日]日曜日
[座席]テーブル2席×9卓、4席×5卓、6席×1卓 計44席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、夜のみコペルト代400円
[アクセス]地下鉄副都心線北参道駅1番出口から徒歩1分、JR代々木駅西口から徒歩5分 ※ランチタイム有

電話番号 03-6721-1858
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。
200余年の歴史を誇るフィレンツェの名店『マキャベリ』。その名を冠した日本唯一の支店だ。
魚介専門イタリアンならでは、そして大阪だからこそのダイナミックで豪快な旨みマシマシなペスカトーレ!
 1970年創業のイタリアン。当時は、パスタをアルデンテで出すと「麺が固い!」と怒られた時代。
お腹がgooと鳴れば料理がgoodなgooへgo。誌面で遊んでる訳じゃございません。
厚めにカットされているのに、柔らかくジューシーなことに驚かされるラムチョップ。生後4~6ヶ月のニュージーランド産ラムを、チルドの状態で約2ヶ月かけて船便で取り寄せ。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt