MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
Nomka(バル/赤羽)|ワイン×香港料理洗練された料理の数々はまさに脱帽もの!

Nomka(バル/赤羽)|ワイン×香港料理洗練された料理の数々はまさに脱帽もの!

 店主・五十嵐さんは、東日暮里にかつてあった広東料理の超人気店『艇家』を営んでいた。諸事情あって閉店後、心機一転ここ赤羽で香港料理をベースにした、つまみとワインの店を開いたのは一昨年のこと。

Nomka(最寄駅:赤羽駅)

メニューはそれほど多くないものの、どれも“つまみ”と呼ぶのをためらうほどの繊細で洗練された味わいに思わず唸る!

ホタテと豆腐のわけぎソース
980円(写真はハーフ)

ワケギの香り高いソースが豆腐やホタテの甘みを引き出す。

センマイと香菜の和えもの レモン風味
980円

センマイと香菜をオリーブ油や太白胡麻油などで和えたシンプルな一品。レモンの皮をちらして爽やかに仕上げる

牛ハツのスパイスグリル クミン風味
1380円

クミンをベースにした中華スパイスを炒め、その複雑な香りと共に鮮度抜群のハツをいただく

Nomka

東京都北区赤羽西1-7-1 ループ館 地下1階 [TEL]03-5948-4233 [営業時間]18時~23時(最終入店22時) [休日]日(祝は不定休) [席]カウンターのみ7席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR埼京線ほか赤羽駅西口から徒歩2分

電話番号 03-5948-4233
2017年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
焼酎とワインは一切無しの日本酒に的を絞った居酒屋だ。爽酒、薫酒、醇酒、熟成酒とタイプ別に揃えた銘柄が約40種。
エチェガライとはマドリードにある通りの名前で、そこに店主の大森さんが好きなシェリー専門のバルがある。そんな現地の雰囲気で、シェリーと、それに合うスペイン料理を楽しむことができるのだ。
 1932年(昭和7年)創業の老舗酒問屋が営む小さなバルが、1年のブランクを経て先月リニューアルオープンした。つまみは生ハムに、チーズ、そしてタパスが少々。
ジビエが苦手な人ほど食べてほしいのがここのイノシシ肉。柔らかな肉と甘みたっぷりの脂が驚くほどの美味しさなのだ。
店主の今村さんが本場スペインで体感したバルの魅力をそのまま神楽坂で再現したような店だ。肉、魚、野菜と目移りする多彩なタパスは美味炸裂のオンパレード。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt