MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
食堂とだか(居酒屋/五反田)|レモンサワーの心地よい塩気とウニと煮玉子の濃厚なコク

食堂とだか(居酒屋/五反田)|レモンサワーの心地よい塩気とウニと煮玉子の濃厚なコク

五反田のスナックが建ち並ぶディープなビルに、2015年にオープン。8席という小スペースながら、店主・戸高さんの生み出すユニークな料理が話題となり、人気店に。

食堂とだか(五反田駅)

看板酒は「生おろしレモンサワー」。レモンを皮ごと粉砕して入れる、とろりとした喉越しの1杯だ。調味料に使う“塩レモン”から発想したそうで、「塩気があるほうが、料理に合うと思って」と戸高さん。たとえば店の一番人気「ウニ・オン・ザ・煮玉子」に合わせれば、その効果に納得。レモンサワーの心地よい塩気が、ウニと煮玉子の濃厚なコクを引き立て、後味をスッキリさせている。

ウニ・オン・ザ・煮玉子(2ヶ)
600円

とろとろの半熟煮玉子にウニをのせ、甘めの醤油だれをかけた一品。ワサビが味の引き締め役

生おろしレモンサワー
600円

甘納豆チーズタワー
650円

マスカルポーネチーズに数種類の甘納豆を混ぜたディップは、クラッカーとともに

牛ごはん
900円

レアに焼き上げた和牛丼は〆におすすめ

食堂とだか

■『食堂とだか』
[住所]東京都品川区西五反田1-9-3 リバーライトビル地下1階 
[TEL]03-6420-3734 
[営業時間]2部制 18時~20時半、20時半~23時
[休日]日曜日
[座席]カウンター8席/22時以降喫煙可/予約が好ましい/カード可/お通し代500円別 
[アクセス] JRほか五反田駅西口から徒歩2分 

電話番号 03-6420-3734
2017年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ぷりっとした西京焼きに、芳しきイワシの燻製、その他肝入りのイカ丸干し、鮭ハラスなど備長炭で焼き上げられる炙り系が多数揃う。鶏肉にも自信あり。
老舗が軒を連ね、昔ながらの面影を残す烏森神社の参道に、昨年9月新店がお目見えした。つまみは、牛スジたっぷりの煮汁が染みた自家製おでんの他に、熊本の有名店の唐揚げや北海道から届く餃子など、オーナーがリスペクトする全国のお取り寄せも並び、食のセレクトショップとしての楽しみもある。
赤と白、アナタはどちら?いえ紅白歌合戦ではありません、煮込みの味の種類のこと。
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
巷では中国茶ブームだが、極上の烏龍茶でお茶割りを作ろうというのはナイスなアイデア! ここはそんなお茶割りの専門店。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
3859views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。
2017年に鎌倉でスタートし、この6月に渋谷に進出したばかりのニューフェイス。ボリューム満点のステーキは、ご覧の2種のほか、サーロインと赤身部位をミックスしたラフカットの計4種を揃えている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt