MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
シュリンプ・バンク(シーフード/池袋)|オマールエビを三種の調理法で楽しむ

シュリンプ・バンク(シーフード/池袋)|オマールエビを三種の調理法で楽しむ

シュリンプバンクのカウンターには水槽が設置されており、中には生きたオマールエビやカキ、ハマグリがひしめく。これらの食材を、それぞれの持ち味を活かして和洋中こだわらず調理するのがこの店の特徴だ。こちらで必ず注文したいのが「丸ごと活オマール海老のお刺身」 [アクセス]JRほか池袋駅20a出口徒歩9分

perm_media 《画像ギャラリー》シュリンプ・バンク(シーフード/池袋)|オマールエビを三種の調理法で楽しむの画像をチェック! navigate_next

シュリンプ・バンク(最寄駅:池袋駅)

水槽から取り出した生きたオマールエビを、目の前で一気にさばく。臭みが一切なく、オマールエビの甘みとプリッとした食感を堪能できる

丸ごと活オマール海老のお刺身
2580円

こちらで必ず注文したいのが「丸ごと活オマール海老のお刺身」。身は刺身、ハサミはボイル、頭は味噌汁にと隅々まで余さず味わえる。アルコールはワイン中心で、リピーターをいつも楽しませたいとラインナップを月毎に変えている。

ボイルしたハサミはタルタルソースをつけていただく。味噌汁にはエビミソの旨みが溶け出している

炊きたてエビカニミソご飯
1300円

ストウブ鍋で炊いた、エビとカニ、紅しぐれ大根入りの炊き込みご飯。別添えのカニミソをつけると風味がいっそう深まる

甘海老ユッケのピータン豆腐
550円

ねっとりした甘みのある甘エビは、ピータン豆腐と好相性

[酒] 生500円 なし グラス スパークリング500円 赤・白各400円〜、ボトルスパークリング 赤・白各1800円〜 なし

[ その他のメニュー]ガーリックシュリンプ ハワイスタイル850円、サラダ ニソワーズ850円、生雲丹とホタテのクリームパスタ1400円、釜揚げシラスと青唐辛子の塩ピッツァ950円など

シュリンプ・バンク

[住所]東京都豊島区池袋4-26-11 
[電話]03-6912-9331 
[営業時間]18時~翌2時(翌1時LO)、金・土・祝前日18時~翌5時(翌4時LO) 
[休日]月 
[席]カウンター10席、テーブル2席×2卓、4席×4卓 計30席/禁煙席なし
[その他]カード可/予約可/サなし 
[アクセス]JRほか池袋駅20a出口から徒歩9分

電話番号 03-6912-9331
2015年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
横須賀沖に浮かぶ猿島を望む新安浦港に水揚げされた海産物のみを扱う直売所。
 店頭にはイスとテーブルがあり、買ったばかりの刺身などを、なんともうれしい買い食い感覚で味わえ、常連さんはオニギリなどを持ち込んで東京湾の海の幸に舌鼓を打っているという。
漁協が運営する食堂のパイオニア!
もはやここで食事をすることだけを目的に南房総へ訪れる人も後を絶たない、内房を代表する集客スポットでもあるのが、ここ『ばんや』だ。
横浜シーパラダイスのすぐ横に佇む“柴漁港”。そのかたわらに鎮座する、人気の漁協直営食堂だ。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル