MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ソースなし!?驚きの仕掛けが満載の創作串揚げ|串キング(串揚げ/武蔵小山)

ソースなし!?驚きの仕掛けが満載の創作串揚げ|串キング(串揚げ/武蔵小山)

武蔵小山エリアの串カツ居酒屋「串キング」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。串揚げといえばソース。そんな固定概念を覆した、ソースを一切付けないオリジナリティあふれる串揚げを打ち出している。[串キング 住所]東京都品川区小山台1-23-5

串キング(最寄駅:武蔵小山駅)

例えば「特製豆腐」は高野豆腐の煮物を揚げて、頬張れば衣の中からダシがジュワッとあふれ出す。ジャガイモの千切りを衣にした「海老」は、カラリと揚がった香ばしさを塩だけで引き立てている。どの串にも仕掛けをほどこして、客をあっと驚かせてくれるのだ。また、箸を置かないのも店の流儀で、ピクルスや牛スジポン酢などの一品料理も串で出す。指でつまんで食す気軽さと楽しさは格別だ。カウンターには焼酎の一升瓶がズラリと並び、芋焼酎を中心に25~30種類の品揃え。右手に串、左手にはグラスを持って交互に口に運べば、ついつい酒が進んでしまう。

つくね
216円

つくねは中心に鶏のキンカンを仕込み、揚げればトロリとした口当たりに。豚ヒレは低温調理したものを使用し、ふっくら感とジューシーさがたまらない。シンプルに塩で食す。

しいたけ
216円

しいたけは好相性の枝豆入り魚のすり身がのせられる。抹茶塩で爽やかな香りも満点。

マッシュルーム
216円

マッシュルームはワンタンの皮を巻いてサクサク食感に

サーモン
324円

豚ヒレ
216円

特製豆腐
108円

海老
432円

ピクルス
各108円

まろやかな酸味で口直しにぴったり。写真はうずら、ヤングコーン、プチトマト

牛すじポン酢
324円

ポン酢を加えた合わせダシで5~6時間かけて低温で煮込み、トロトロに仕上げている

串キングの店舗情報

[住所]東京都品川区小山台1-23-5 [TEL]03-6303-3794 [営業時間]18時~24時(23時LO、金22時半LO) [休日]無休 [席]カウンター7席、テーブル5席×1卓 計12席/喫煙可/予約可/カード不可/お通し代486円別 [交通アクセス]東急目黒線武蔵小山駅東口から徒歩3分

電話番号 03-6303-3794
2017年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ストップをかけるまでお任せで供される串揚げは、全種類180円とリーズナブル。定番の肉や魚介、野菜類のほか、「ハマグリ」や「生湯葉」といった独創的なメニュー、月ごとの旬のものなど約40の食材が並び、あれこれ食べたくなるはず。
開店14年を迎える焼きとん屋。昔は立ち飲みだったが10周年を機に席が設けられ、座って食事できるようになった。
 まずは串カツ。ソース2度漬け禁止の関西流だが、そのソースにはシャモロックのガラのダシを加えるなどひと工夫し、八戸流に仕上げている。
厳選された旬の食材に、完ペキなる火入れ、サックリ軽い食感と、この串揚げの旨さの理由を挙げればキリがない。が、あえてひとつ注目するなら、それはパン粉だろう。
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
3998views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。
2017年に鎌倉でスタートし、この6月に渋谷に進出したばかりのニューフェイス。ボリューム満点のステーキは、ご覧の2種のほか、サーロインと赤身部位をミックスしたラフカットの計4種を揃えている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt