MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
近江屋 心斎橋鰻谷|サックリ&モッチリ感が唯一無二の老舗の味(串揚げ/心斎橋)

近江屋 心斎橋鰻谷|サックリ&モッチリ感が唯一無二の老舗の味(串揚げ/心斎橋)

 創業65年以上になる同名の本店は大阪串かつのメッカ・新世界にあり。23年前に分家したこちらは、創業メンバーである店主が営んでおり、実は一番本店の味を守り続けているという。

perm_media 《画像ギャラリー》近江屋 心斎橋鰻谷|サックリ&モッチリ感が唯一無二の老舗の味(串揚げ/心斎橋)の画像をチェック! navigate_next

近江屋 心斎橋鰻谷(最寄駅:長堀橋駅)

それをよく知る昔からの常連客は、足繁くこちらへ通い、女性やファミリーも多い。ここの一番の特徴はなんといっても衣にあり。  強力粉をミキサーし、グルテンを出した粘り強い衣は、ふっくら&もっちりとした食感で、大ぶりなネタをしっかりと包み食べ応え満点。油は色付いてきたら新しいものを投入し常に鮮度を保持。満腹感はあるのに胃にはもたれない。かつて労働者の活力になったあの頃の、懐深い串かつは今もここで語りつがれている。

盛合せミックス
8本1706円

(アスパラ378円、ほたて194円、まぐろ194円、えび378円、玉ねぎ162円、本家串かつ97円、ぶた194円、いか194円)
もっちりとした食感で、食べ応えある串かつたち。が、揚げ油の鮮度に気を配ることで軽やかな食後感に。本場ならではの味わいだ。ソースは個別にあるので2度付けOK

ワインset
842円

ピザ串と素揚げしたジャガイモ、ウインナーはワインと相性抜群。お手頃で女性に人気

近江屋 心斎橋鰻谷

■『近江屋 心斎橋鰻谷』
[住所]大阪府大阪市中央区東心斎橋1-12-3 協栄ビル
[TEL]06-6243-3985
[営業時間]17時半~22時半LO、日~21時半LO
[休日]月曜日
[座席]30席/完全禁煙/予約可/カード不可/サなし
[アクセス]地下鉄堺筋線長堀橋駅5-A出口から徒歩3分

電話番号 06-6243-3985
2017年6月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ときおり串を返しながら、店主の児玉昌彦さんが熟練の手つきで焼き上げていく。枝ものの備長炭を使い、いい加減に煙をまとわせる。
総ひのき造りのコの字カウンターの中央には、ねじり鉢巻をキリリとしめた若き大将が。席はすべて焼き場から目の届く距離にあり、大将自らが熱々の串を供してもてなす。
「アイドルに会える串カツ田中」がアキバ(東京・秋葉原)にオープンしたらしい……!噂を聞きつけ、『おとなの週末』編集・武内、ライター・カーツが早速行ってきました。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
L字形の重厚な一枚板カウンターに、棚に並ぶグラスが暗闇の中で浮かび上がるような照明。2019年8月14日に開店したこの店では、そんなドラマチックな空間の中で焼鳥コースを楽しめる。
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル